転職をする際に面接でほぼ100%尋ねられるのは辞職・・

再就職で面接で絶対といっていいほど投げかけられる質問・・

  • 再就職の面接で100%聞きだされることが前に働いていた会社を辞職した原因のことです。このような質問に答える場合には話題の中心を辞めた会社からそらしたほうが賢明です。辞めるに至った経緯が話の中心となって進んでいくとどうしても悪い印象を与える要素を含んだ話題になってしまうので。この点を上手に進めていくにはなぜ以前働いていた会社を退職したかという点をこちらの会社に絶対に入りたいと思っていたからといった感じの話にするべきであり、面接に来た方の会社へ話の方向を傾けていきましょう。面接を行っている会社の話であれば積極性を前面に押し出した前職を辞めた訳にすることができます。

    今からでも転職することを希望しているのなら、今いる仕…

  • いよいよ転職活動しようと思うのなら、直近の業務で感じている不満点を明確にしておいた方が良いです。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らないことが限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「しっかりと会社の問題なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことができるでしょう。

    クールビズをして転職の面接会場に行こうとする際に…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向く際には、ジャケットはさすがに着用しなくても大丈夫だと言えます。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが印象的には良いです。タイもする必要ないと思っている企業もあるとは思います。ですが、ことネクタイはクールビズであっても着用する必要があるとしているところが一定数存在するわけです。そのため、例えクールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイだけはしていく方が安心だということは伝えておきます。

    安定的な人生を手に入れるために正規の社員になりたいと考えている…

  • 安定した生活を手に入れるべく正規の雇用社員になりたい人はかなりいます。けど、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正社員としての転職が実現しないこともあります。派遣社員の求人があっても、正社員の求人募集に拘り、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万一あなたが中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、派遣社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。会社の一部は、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」の機会があるかどうかをヒアリングしても良いでしょう。

    転職をする際に絶対に準備しないといけない履歴書や職務経歴書などについては…

  • 再就職する時に準備する必要のある履歴書や職務経歴書などに関してですが、だいたいは自筆ではなく、パソコンで作成するというのが多いです。日本の中では履歴書は手書きで準備するのが普通だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際には、転職のケースは履歴書は100%手書きじゃないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆を高く買う時もあるようですが、違うところが徐々に増加していていますので、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でもOKな会社は意外にもたくさんあるのです。

    ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで否応なく、長く務めてきた就業先での勤務が終了します。派遣の仲間の中には、派遣の就業先で正規社員の地位をつかんだ人もいるのですがそれははっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのごますりが上手で引き立てがあった模様。業務上の能力よりも上司に媚びる能力の方が肝心なんだねーと他の派遣仲間と職場で愚痴る日々です。

    転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ行きました。

  • 転職の採用面接に伺いました。会社の会議室が空いていないということで外の場所で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散し、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。なので電車の中においても彼とずっとお話をしながらいっしょに帰宅することになり、その結果緊張が解けて話が盛り上がり、それが原因かなんと採用を掴み取ることができました。

    一昔前の求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで…

  • 以前は求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」まではっきりと書かれていました。でも、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールが敷かれ、応募資格のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな風に時代が変化したものの、募集する企業側には実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際問題、男性必要としている業種に、女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例えば、「女性が活躍している職場です」と記載があれば、雇用側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方が確実でしょう。

    転職活動を始めるにあたっては、始める前に、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして…

  • 転職活動を行うにあたっては、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したりして興味のある会社をチェックするとは思います。当該会社が情報を載せる際には、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す特徴があります。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の社員の声や社長のインタビューについては、それを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、いろいろと文句をつけて退社できないようにしようとします。この手のブラック企業には注意しましょう。

    とある古物商のお店で、書類選考をパスしました。すぐ…

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。2、3日して相手方から、面接日時を教えてもらいました。しかしながら、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。所長と思しき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、何とか面接を終えました。けれども、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけで改めて問い合わせると、どういったわけか、「結果は不採用でした」、とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、率直に、不採用で良かったと思っています。

    「転職サイト」は、大手のほうが掲載される会社も豊富なので・・

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件がたくさんあるため、関心のある2~3社を、とりあえず転職サイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、加えて条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。だとしても、初めに限っては登録が大変ですので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録初日は少々時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後のことを考えれば、初回にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

    20代に転職を2度経験して、そして現在、複数の資格をとるため・・

  • 私は20代の時点で転職を2回し、現在、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても給料は安くなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時に資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。やはり、そのような方たちを私もこうなりたかったと感じてしまいます。前は、うまくいってる人と自分とを比較して、肩を落とす日もありました。しかし今は、結婚を経験し、生活そのものが大きく変化し、以前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので楽しく日々を過ごしています。

    転職先を決めるのに、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと・・

  • 転職を行うなら、言うまでもなくやりがいを考慮することも大切だけどそれに加えて手取りが増えることも大きなポイントなので「年収比較サイト」に登録して事前に研究しています。全く一緒の会社でその上全く一緒の職種、社歴であるのに人によって広い幅があることも多くて、ぶっちゃけ面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰だろうとある程度予測がついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

    この頃では、株や不動産投資等の不労所得で生活資金を得た・・

  • 今では、株式・不動産投資などの不労所得や個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そういった世の中の背景もあり、「自営業は不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長時代には、先行きがみえない株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれていました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されてはいました。しかし、そんな時代は終わり、現代では「成熟期」という名が表現されています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

    転職サイトで登録したあとに、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。

  • 転職サイトでは、登録後、執拗に電話やメールをしてきます。これについて初めて利用する人は結構驚くかもしれません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だとされるので、積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金を受け取るシステムといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。また、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすぐに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払わなければいけません。

    職を変えようとしようとしている時に閲覧する募集内容の情報というのは、…

  • 仕事を変えようとしようとしている時に注視する求人情報に関しては、一般的なものとして書かれている事も少なくありません。ですから、そこに記載されている情報は100%正しいことだとは簡単に信頼しないほうが賢明でしょう。その中でもとりわけ給料の金額などに関しては、一般的な金額なのか?最低額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というようなジャッジができない場合が多く、適当な判断で考えてしまうと、今後、そのことを悔いる可能性もあります。という事で、求人というのは、だいたいのものだと考えて、そういったような大切な事は直接確かめるのが妥当でしょう。

    自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好き、を仕事にしたいと思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、かつては、飲食の世界で働いていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにとても悩まされました。そのことが引き金になり、職場を去ったのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物さえも苦手になってしまい、似たような店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思い、それを実現させることは素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、改めて自分と向き合ってから行動するべきです。