もしあなたが転職サイトを活用して自らのライフスタイルに合・・

あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自分のライフスタイルに合っ・・

今あなたが、「転職サイト」を活用してあなたが新たなチャレンジのできる魅力的な企業情報をチェックしているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、紹介してくれる仕事というのは誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないほどにたいへん高品質といえます。そればかりか、あなたに合ったものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。ですから、これは結構ドストライクで職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で最初から調べるのと比べればとても効率はいいです。ですからたいへん確実です。

はじめて「失業保険」を受ける際、何もしなくてももらえると思っている・・

初めて「失業保険」を受けるとき、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が大多数ですが、それは誤解です。実際は、失業保険をきちんと「就職活動」をしている必要があり、その上に、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンでハローワーク職員と面談をして、真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。他方、真面目に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、強制的に給付がされなかったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう注意が必要です。

職を変えると、高い確率でそれまでの会社の仕事での多くの出来事は美化されます。

職を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。現実には今の職務に満足できないから、良い方向に進みたいとせっかく再就職を決めたはずなのに、いつの間にか不思議と「前の職場のほうがよかった」と思えてくるのです。というのは極めて当たり前のことで、前職では仕事に慣れていて、今よりもわけなく毎日の仕事もあっさりとできていたからというのが一番の根底にあるでしょう。でも、「やっぱり退職するんじゃなかった」というほど、過去の職場のほうが人間関係や職場の雰囲気が良い場合があります。

派遣社員だからといっても、1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではない…

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたらすぐ辞められるというわけではないことを転職活動したことで実感しました。私は新婚し、生活に慣れたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでと思い数年くらい今の継続で仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、給料は少なかったですが、家庭の時間のために、この道を選択しました。ですが、入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてもらいたい点が何点かあります。一般的に派遣社員というと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事内容をなんとなく思った人が多いかと思います。実は私もかつてはそう思っていました。現在働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、実際に働き始めると、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを要求されました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので日々とても困惑しています。現在は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

女性の転職については、一昔前とここ最近とでは少し違いがあるようです。

女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今とで若干、違いがあるようです。前までは面接の際に会社側から、未婚者なら結婚の予定など、自然に質問されることが珍しくありませんでした。ですが、現代では、こういった内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない企業が増えています。そしてまた、特に大企業の場合は、NG質問として神経を尖らせているようです。そうではあるものの、企業側としては、YES・NO、の2択でなく、その人の人生観「結婚後も働きたいのか」「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思っています。自分自身の人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に言い表すことで、会社側にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると考えられます。聞かれていない箇所についても、あなたから会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。

全くの未経験の分野などに転職したい場合には、以前の業界・・

初挑戦の業種などに転身したいときには、以前の職で、自分が育んできた能力やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要です。勤務経験のない業界の場合、未経験の分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその分野でも生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になる場合も出てきます。なので、未経験のジャンルにチャレンジするときには、その業界と自分が今までやってきた職務内容とのつながりを見つけ出してみましょう。

勤めていた会社で感じの悪い上司に憂鬱な気分にさせら・・

初めて働いた会社でパワーハラスメントを行う上司に憂鬱な気分にさせられ、ついにはやる気がなくなってその会社を辞め、同業の別の会社に移りました。気分よく勤務することができ本当に充実した日々が続きましたが、緩やかに会社の債務が増えて、ついにはある会社に経営統合されることとなりました。ところがその統合先の会社がなんと前勤務していた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょう。言うまでもありませんがまた転職をしようと活動を始動しています。

はじめて転職を行う場合、気を付けるべきことはなぜ現職を辞める必要があるのかにつ…

人生で初めて転職をするにあたって、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて明確化しておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。その上で問題改善ができる会社を選んでみましょう。既卒者の転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、働きながら就職活動行わなくてはならないことから、時間と体力が必要不可欠です。だから明確な理由がないままに転職活動を行った場合、途中で挫折してしまう可能性もあります。何とか転職したい、現状を変えたいといった強い意志がないうちは、転職活動を始めるのは、やめておくことをおすすめします。

転職をする場合、かなり重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

転職をするときにとても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。通常の面接の際は面接官が応募者に対して、転職に至った理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できるわけです。面接担当のスタッフから「何か弊社に関して疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張して何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前には面接官からの問いに対し、質問の内容を考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

もし再就職の前に、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。時には、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、安易に転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。そういった状態を回避するため、今現在の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い関係をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を去ることができます。加えて、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、困った際には相談できる機会にも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

多くの場合大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、…

一般的に見て大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。おまけに、市外地でとなると転職の確率がずっと狭まります。けれども「製造業」に関連する企業の場合であれば、都市部でない地方の工業団地で工場を置いているはずです。また、そういった工場は、事業拡大時に途中採用する事が結構あります。このチャンスに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したいなら、希望する企業の情報をあらかじめ得ておきましょう。公式サイトに訪問し、求人予定の予定はあるか、ちょこちょこチェックしてみてください。

近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方…

転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。なお、受け取れる「失業手当」の額は、最後となる月の給料がもとになって支給する額を計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

『今すぐ転職したい!』と考えていて、未来の進む道もハッキリしているのなら・・

『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。しかし、このときに相談という形を取ると、場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、うまくいきませんでした。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと信頼はなくなりました。

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズ可とと書いてあるケースもあるようです。ですが、…

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくださいと記載されている場合もあるようですが、なかには、クールビズで面接するのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と感じてしまいます。そういう悩みを抱えている方においては、企業側からクールビズで来るように言われたのであれば、言われた内容を素直に聞き入れたほうが無難です。色々考えてしまい、すごく汗がでる時期にスーツを着込んでいくと不自然に思われますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接の時、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収より多く言って、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職年収は正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

派遣のお仕事が決まりました。仕事の初日に営業担当の・・

派遣で働く会社が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当者と就業場所に近いコンビニで待ち合わせたら、約束をした店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思い店内に入ってみたところ、なんと雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、その場で声をかけずに気付かれないようにお店の中から出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。