転職した際には、高確率で前の会社の仕事での多くは美化された記憶となります。

転職した場合には、高確率で前職での記憶は大方、美化されます。

  • 転職すると、高い確率で以前の仕事の大方は美化された記憶となります。現実には今の待遇に問題があるから、良い方向に進もうとやっと再就職を決めたはずなのに、いつの間にかなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と思う機会が増えてきます。それというのはもっともなことで以前の職場では日々の仕事に慣れ切っていて今よりもわけなくまいにちの業務を淡々とできていたから、というのもあります。ところが、「転職なんてしないほうが良かった」と真剣に後悔するほど、過去の会社のほうが全体的な雰囲気や自分に向いていたことがあります。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって自分の好きなタイミングで辞められるものではない…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職したことで思い知らされました。新婚生活が落ちついたあとすぐにでも子供がほしかったので、その時がくるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の会社で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、正社員より給料は少なかったですが、仕方ないので「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。でも、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんど10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣だからといって、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしていただき・・

  • 転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意してもらいたい箇所が何点かあります。なんとなく派遣業務については、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」などの業務内容をぼんやりと想像する方がおそらく少なくないでしょう。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。今の企業に入社するまでは「電話対応が主な業務」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、業務に掛かると、なんと辞めた正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので毎日非常に参っています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と・・

  • 女性が転職する場合、セクハラが社会問題となっている現代では多少の違いがあったりします。前までは面接の場で会社側から、結婚の予定や出産後の方針などのことに関して、当たり前のように女性に質問していたのですが、最近では、結婚などについては、「セクハラ」にあたるとして、聞かない企業が増えています。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、神経を尖らせているようです。とはいえ実際、面接する側はYES・NO、だけでなく、その人の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っているはずです。あなたの価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて話すことで相手方にも考えが伝わり、安心できると思うのです。そういうわけで、聞かれていない内容でも、こちら側から気遣いながら答えてみることを考えてみてください。
  • 全く経験したことのない業界とかに転職を考えるときには…

  • 初挑戦となる業界などに転身したいと考えているときには、自分が前の業界で養われた能力や今までやってきたことを生かすことができるという内容のアピールが必要になります。経験をしたことのない分野の場合、未経験の分だけそのジャンルで働いたことがある人よりも事実、不足することはありますが、自らが保持しているスキルがそこで十分に生かせるということを相手に言えば、戦うことができるケースも十分に考えられるのです。それゆえに、経験が全くない業界に飛び込む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた職務との関係性を見つけ出しましょう。
  • 勤務していた会社で怒りっぽい上司に憂鬱な気分にさせられ、…

  • 在職していた会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ、ついに我慢することができなくなってその会社は辞め、他の同業者の企業に乗り換えました。気分よく仕事ができて本当に満足した毎日でしたが、ちょっとずつ会社の売上が悪化し、ついには経営統合されました。偶然にもその統合先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、しかもまったく反りが合わない上司がもう一度私の上司となることに。どれほどご縁があるのでしょう。当然また転職活動をスタートしています。
  • 生まれてはじめて転職をする場合、気を付けなければいけない・・

  • 最初に転職を行う際、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を辞めたいかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。その後問題解決ができる会社を決定していくのです。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を行っていく必要があることから、時間と体力がなければやっていけません。だからこそ理由が明確にならないまま転職活動をした場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強い情熱がないのであれば、転職活動の開始はやめておいたた方がいいでしょう
  • 転職する際、重要なのが「面接」というものです。

  • 再就職する際、重要となるのが間違いなく「面接」です。普通の面接の際は面接担当者が当人に対して転職を決意した経緯などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして必ず、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「何か疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に対応できず、慌ててしまうこともあるかもしれません。こんな時の為に、事前に面接担当者からの質問に対し、聞きたいことを用意しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • もしも転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

  • もしも転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変するかもしれません。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽はずみに「転職します」と口にするのは注意が必要です。上記のトラブルを避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を辞めることができます。さらに、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後にも、相談ができるチャンスにも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりはとても大切なので、転職前のトラブルには警戒しておきたいものです。
  • 一般的に大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの・・

  • 一般的に見て大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。加えて、地方では転職の見込みはずっと少なくなりそうです。例外的に、「製造業」の企業あれば、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を持っていることも可能性があります。さらに、そういう工場なら、事業を拡大する際に「途中採用」をしていることが多々あるので、その好機を利用するのが無難です。地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を仕入れておきましょう。ホームページを見て、求人がないか頻繁に確認してみてください。
  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら・・

  • これから転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては今働いている所属する会社がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐにもらえる場合もあります。受け取れる「失業手当」の金額は、最後に働いた月の給料を基準にして手当の額を算出されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が固いならば…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私もそういった経験があり、話がこじれて最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職したいことを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、なぜか辞められたのはその年の11月です。希望では年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと前の会社に対しての信頼はなくなりました。
  • 再就職の際の面接についてですがクールビズで来てください…

  • 職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されている場合もあるようです。しかし、クールビズで伺うのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と考える人がいます。そのような考えを心に背負いこんでいる人に進言したいのは、クールビズで良いとされた面接なら、伝達事項を守った方が安心できます。考えすぎてしまい、暑苦しい最中クールビズでないのは相手側に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。
  • 就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

  • 就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。
  • 派遣先が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の…

  • 派遣として働く会社が決まりました。就業の初日に派遣会社の営業担当の方と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、担当者がどういうわけかコンビニの前にいなかったので店内にいるのかもしれないと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみると、こともあろうに雑誌の所で座り込んでいやらしいグラビアのところを開けて読んでいるところを発見!こんな担当の人の仕事なんて人間として恥ずかしいことと考えて、挨拶もせずこっそりとお店の中から出てすぐさま派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。
  • 転職をする際、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント…

  • 職探しをするにあたっては、ウェブ上でのエージェントを使う手段もありますが、もしもその種の業者に登録して仕事を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付対象にならないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。一方、「ハローワーク」によって斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職の準備金として一時金を得ることができます。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを知らなければ、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、現在勤めている会社の退職があげられます。転職先がOKしても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして引き留めようとするはずです。そのようなケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちをもつことが大切でしょう。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意します。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠です。