看護師という職業の人のそれ以外の職に転職に至る原因は…

それと違う職業に転職する原因は人によって違うはずです。

ほかの職に転職する理由はその人それぞれです。さまざまな理由がありますが、看護師からの転職には「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で配偶者のこともあって子育てなど、いろいろな仕事環境の変化など、これまでと同じような仕事が難しい」「今の給与体系に不満がある」というような悩みが抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職前に、転職したいと思うに至った理由を静かに客観視してみることも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断しておくと間違いありません。

この前、転職をやっとしたばかりなのに、入ってすぐに辞めてしまう人というの・・

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、あっという間に辞めてしまうという届を提出する人が意外にもよく見受けられます。私の考えではリフレッシュな気持ちで良い仕事で勤務を始めてみたものの、「理想としていた仕事とけっこうかけ離れていた」「職場環境が受け入れられなかった」という感じで別の仕事を探すみたいです。でもこのような失敗を避けるためにはやはり、事前の情報集めを欠かせません。通勤に掛かる時間、給与体系、などいろいろ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

求人についての広告には、たいていの企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は普通の企業では月の給料が記載されているはずです。だけれどもこの月収の欄を調べれる時には、注意深く確認する事が大事です。多い少ないだけで判断してはいけません。何故かというと会社によっては、月収のなかに月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。それは残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる会社もあったります。ですから、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれ何よ…

転職をする活動をしている最中は、最初に必ず自身の内心が急がないということをとても大事にしましょう。まだ辞めないで転職をするための活動をしている場合、それほどはないかもしれませんが、退職後に行う場合はどうしても内心が焦りがちになってしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。そして、候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、しっかり、冷静に考えてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が見つかりやすくなります。

再就職の際の面接は、規模の小さい企業だったらほとんどが「人事」が面接官となりますが…

転職の際の採用面接では、小企業だったら概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、その他にも例を挙げるなら、これから職場でかかわりの深くなる管理職、わかりやすく言うと部長・課長などの中間管理職が面接することも決して少なくありません。とりわけ、営業や事務に転職する場合は資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいですから、きちんと自分という人物を売り込んでいくことが大事です。担当者から「この候補者はしっかり主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

このところ私は派遣会社に入っています。

このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイト内で気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけて応募しようとすると「そのお仕事はもう別の人に決まりました」と断られ一瞬サイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、その次の日には消えたはずの情報が掲載されています。それって結局私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことであるならばトラブルにならない程度にはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それとも客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

かつてかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが…

以前はたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのはサポートしてくれる担当者のレベルが本当に多種多様でたいていの場合、いまいちなアドバイザーばかり。こちらは人生がかかっているのにもっと真剣に臨んでほしいという欲が高まってしまいました。そのことが発端となって自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格を取るためには費用もかかりましたし勉強面においてもハードではありますが、お仕事を探している方から信用されるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

転職先で見学などがあれば、良い勉強になります。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、たいへん参考になります。そのなかでも技術を必要とされる業種なら、職人技を近くで見られるので楽しみです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、普段通りの現場を見せることがまずありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でないと、本来の姿はみえないものです。ですから、見学だけの仕事だと決めつけないことがとても良いです。また、見学時に仕事を体験させる会社は危険ですから正直言って、良い会社とは言えません。入社していない段階ではもし何かしらのトラブルが起こっても、保証など一切ありません。仕事体験ができる、と言われても丁重に断るのが無難です。

私たちの労働環境は、将来的に今以上に考えなくてもできる仕事…

私たちの社会的環境において、将来、段々と簡単な作業は機械で済まされるようになり当然のことながら必要な人手はどう考えても減らされてしまいます。そのワケは、思考を必要としない仕事は人よりも機械のほうが数段にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ手順を延々と繰り返すことは機械では当然問題ありません。人と違って言い訳することもないし、疲れることもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。ヒトとは違い、給与も発生しないのです。なので、人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

新しい仕事についてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐはいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。一年目は大方試用期間が入っていることも少なくありません。私自身の新たな仕事に就いたときは、尽力して転職したのに、予想とは裏腹に前の職場での年間報酬とあまり同額だったことがあります。そのうえ、仕事内容もきつく、かなり責任のある立場で初年度を越すのもひどく厳しかったです。そういった経緯から初年度は、仕事を覚える時期として捉え、極力転職前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。

もしも転職を考えているなら、あらかじめ「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もし転職を考えているなら、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておくのがベストです。転職活動時にそれを生かせるので、転職先を探しやすいです。といったわけで、在任期間中での資格取得がもっとも良いと言えます。もしもあなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、今の職場を離れたあとも躊躇なく次に進められるはずです。そして、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接の場では担当者に「即戦力」と見なされ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

再就職する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。

転職活動では、然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に映る「服装」は、気になりますよね。でも、近年の面接に関しては、私服で大丈夫な企業があるので、ビジネススーツを着て面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創設したての新規の会社などは、お堅い規則もないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。正装でないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。また、私服を見せるたことで面接中、ファッションの話もしやすくなります。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、転職活動は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

知っている人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

知人の紹介をキッカケにして転職の先を見付ける人がいます。それはいいけれど労働環境やそれから労働条件などを知人の口コミを過剰に信用するのはあとで面倒なことになることが多いです。口コミである以上、ある特定の人の口コミはその人の主観に基づいているからです。それ故に知人にとって、かなり良い働く場所に映っても、自身にとってはストレスだらけの環境、、、という場合だってあるのです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、自分自身の目で確かめておくことも大切です。

後悔しない転職を目指すのなら、戦略を立てながら情報を収集することを徹底してみましょう。

転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら情報を集めることが必須です。そうするには近頃は会社の名前も知らないような中小零細企業にもかかわらずHPを開設しているというのが多いので、ネットの機能を駆使して自分が気になる点を手に入れるとそれとその企業のわからない点をチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりその職場を自身の目でチェックしてみることも大切です。

こうした話は兄の友人の話です。

この話は兄の友達から聞いた話です。始めに新卒の就職活動で入社第一志望であった目標であるA社で行われた最終面接で不採用となり、後に嫌々ながら別の会社に就労しました。その後1年経た頃に派遣の求人サイトで偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、気持ちを抑えることができなくなって当時の会社をすぐ辞め、A社で派遣の仕事を開始しました。思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってそれからなんとかA社で正社員登用されて、現在においてはやりがいを持ちながら元気に働いています。

転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動するといった方法は最近人気です。さらに、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それに加えて転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加した際は多くの企業について知ることができ、同時に、説明員等の雰囲気から、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。これから、転職フェアに行くときには、面接を受けるつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。運よくフェアでの交流の中で企業から気に入られれば、その後応募して採用面接時にとても有利になると期待できます。

先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

数日前転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。私のカウンセリングのために現れた担当者の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、私が説明している話の50%も理解していないように見えました。そのうえ「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「自分の強みをはっきりと知ることが必要です」等、知ったかぶりに横柄に言うので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセラーはある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいと思います。