再就職する際に絶対に準備する必要のある履歴書などについてです・・

転職をしようとする場合、用意する必要がある履歴書などにおいて・・

  • 転職の時に絶対に準備しないといけない履歴書についてですが、大方、手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが当たり前です。今現在の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず手書きで作成するということが普通だと思われている面も多々ありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、転職に関しては履歴書や職務経歴書は必ず手書きでないといけないとは言えないのです。手書きの履歴書を高く評価するケースもありますけど、違う場合がだんだん増加してきますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でも良い場合はけっこうあるのです。

    派遣として勤務しています。派遣法の関連で否応なく、長い期間働…

  • 派遣というかたちで働いています。労働契約法のせいでやむを得ず、馴染みのある企業での勤務を終わらせなければなりません。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の企業から正規社員のポジションを得た方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先上司の扱い方がうまい方でそれで採用された様子。仕事を行う能力よりも上司正社員を転がす能力の方が必要なのかなーと他の派遣仲間と派遣先の会社でいつも不満をたれています。

    転職のための面接を受けに転職希望の会社へ出向きました。

  • 転職の採用面接を受けに希望先の会社へ行ったときのことです。偶然会社にある会議室が空いていないとのことで外部の会場で採用担当の人と待ち合わせて面接を行って、その場で解散をして、面接担当者もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が私と一緒。そのため電車の中においても彼と一緒に話しながら帰宅することとなり、その結果打ち解け面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスに働いたのか何事もなく採用を獲得することができました。

    前の求人情報には、「性別」が当たり前のように記載されていました。

  • 一昔前の求人誌には、雇用側が必要とする「性別」について、書かれているのがほとんどでした。しかしながら今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が雇用の際にしてはいけないルールとなり、応募資格の概要に「性別」が無記載となりました。けれども、募集側は、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。現実問題として、実際は男性希望の業種に女性が応募したり、女性希望の企業に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もし、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、雇用主が「女性」を必要としている、と読むのが無難です。

    転職活動を始めるとき、事前に求人票・パンフレット・ウェブサイトなど…

  • 転職をするにあたっては最初に、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして関心のある会社をチェックするとは思います。ですが、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その種の社長の方針や社員の感想に関しては、そのままを信じるよりも、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃない!」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、文句をつけながら退社させないように画策しています。ブラック企業では、このようなことが多いです。

    ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かりました。すぐ…

  • とある古物商のお店で、書類選考に合格しました。2、3日して相手方から面接日時を告げられました。しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待って、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のまま淡々と面接を終えました。予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、いてもたってもいられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でそんなわけでもう一度問い合わせたところ驚くことに、「残念ですが不採用」ということで、こちらが話す隙もないまま電話を切られました。私は呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、本心から、不採用でよかったです。

    転職サイトは大手サイトの方が案件が多いため、感じがよさそうな2~3社を、…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載案件も多いので、興味を引く2~3社を、ともかく転職サイト登録しておき、勤務地や年収などの条件を設定しておき、加えて条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報収集を行うことができるようになります。しかしながら、最初に限っては登録するのが非常に大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする初回時はけっこう時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、最初の段階できちんと準備することを、推奨します。

    私は20代までに転職2回で、現在は資格を手に入れたい・・

  • 20代までに転職2回で、そして今、資格取得のため、派遣社員として働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、やはり手取りが少なくなってしまいました。心と時間的な余裕ができました。たまに、もっと学生のうちに資格を手に入れて、就職に活かせばよかったという後悔もあります。そのような方たちをうらやましいなと見えたりもします。前の私は、うまくいってる人と自分と比べて、ガッカリする日もありました。しかし今では、結婚をキッカケに過去と比べ生活環境が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので毎日が充実しています。

    転職をするなら、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だけど…

  • 転職をするならば、当然やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれにとどまらず年収が上がることも大事なポイントなので「年収サイト」というところに登録をして前もって調査をしています。同じ会社でしかも同じ職種、社歴であるのに人によって大きな違いがある場合も多くあって、ぶっちゃけ面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間もある程度は見通しはついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

    今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり・・

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得で稼いだり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。あながち「会社員の道こそが正義」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長の頃には、不安の残る株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定していてました。人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認識されていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」と表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

    転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が何回も来ます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。このことに対して転職初心者はとても驚くケースが少なくありません。転職エージェントは転職を推進することがその役割なので、とても積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすかさず、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように注意を払うことが大切です。

    再就職を考えている時に閲覧する募集内容については一般的なものとして…

  • 再就職をする際に見る募集要項については、目安として載っている、という確率もあり得ます。そのため、掲載されている情報は何もかもが正しいとは信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる報酬に関しては一般的な値なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といった読みができる転職者は少なく、自分判断でわかったつもりでいると、後悔することになる可能性も少なくはないのです。そんな訳で、そうならないためにも、仕事の情報というのは、参考程度に考えて、そういったたいへん大事な事は会社に直に確認を取るのがベストです。

    自分の好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、かつては、飲食業界(レストラン)で働いていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が任されていた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。ということが引き金になり、退職することにしたのですが、その結果、食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物も嫌になってしまい、その系列の店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思い、実現できるのは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分自身と向き合う必要があります。

    転職の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の…

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色においては、新卒の就職活動に身に付ける色味が無難です。言い換えるならば、黒系や紺系といった感じのようなダークなカラーになるわけです。再就職のケースにおいても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこういったようなダークカラーが多数派になっており、そうでない色のビジネススーツの人はほぼいません。強いて言えば、グレー系の人がわずかにいるくらいで、全体的な割合をみても紺色や黒色が大多数を占めているので、面接を行う人事から見てもそういった色であるほうが当たり前のように感じます。ですから、第一印象という面ではぜひおすすめします。

    仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的にとても苦しくなってしま…

  • 会社で何かあって回復が難しいほど心的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)と相談する以上に、身内に相談したうえで、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。それは、働くのは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく給料が良いからといって、メンタル面がボロボロになるほど無理して働くのは良いとは言えません。近年は、仕事のしやすさを重視する生き方も段々と増えていっています。ですから、あなたの身内とともに、あなた自らの心と体を大事にしましょう。

    転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める・・

  • 転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしあなたの都合で退職願を提出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因となりハローワークの保険担当者と口論していたのを以前見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

    転職を行うにあたっては、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが…

  • 転職を行う場合、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「真実が知られてしまっては困るから、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、それだけトラブルが発生するリスクが高くなると判断して良いはずです。人もそうですが、本当に善良な企業であれば煙は立ちませんから。