政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理による現政権によっ・・

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍内閣・・

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。今の安倍内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たな経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策ともミックスされて、財界・民間企業間でも今までとは異なった変化が生じ始めています。そういった変化を受けたことで、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会では大きな問題となっています。最近では「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用・転職事情も大きく変わっていくのは確実といえます。
  • 転職のための活動は企業とのやりとりよりも採用担当の面接官との…

  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものよりも、採用担当の面接官とのやり取りが大事といえます。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに肩の力を抜いて焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接では最も最初にあなたの人となりを評価されるので悪い評価になるような言動は気をつけてぜったいに控えましょう。また良識ある社会人らしく転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 最近の企業の労働背景が激しく変わってきたことにおいて、全世代の中…

  • 今現在の雇用形態の変移に当たって、34歳ぐらいまでの若者たちほど関心度が高いといわれています。多分、今後に備えようとしている段階のような気がします。ですので、労働者・サラリーマンといった層の労働市場の「流動化」が活溌になっているので、より一層、この先、より広い世代で転職についての関心が強まっていくでしょう。このようなことから、転職は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」があった時代には、転職者にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くあったようです。しかし社会的な変化とともに現在の会社のみに執着する意味も必要性も段々と薄れてきています。
  • 転職するため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人情報は・・

  • 転職活動する際に特に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長いものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることがとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んでおく、といった仕組みです。(この仕組みは違法ではありません)例えば『みなし残業代25時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という話になるわけです。けれども、悪質な求人は、『みなし』を記載していないこともザラですのでよく気を付けてください。
  • 転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げますが…

  • 再就職する際に行われる面接で使う腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計はやめておいた方が好ましいと言えます。この場合の目立つ腕時計と言うのはブランドの腕時計とか、その反対でチープなものの印象を持たれてしまうとか、そういう真反対で目立つ、と思い浮かべておきましょう。面接のときにつけていく腕時計はポジション的にはスーツやネクタイのようにとらえて、面接に適切なものをつけた方が好印象を与えてくれます。しかしながら、自分の年齢にあった腕時計というのも大切で、新卒の面接で準備した腕時計よりは少しでも値を上げた方が好ましいと断言できます。
  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜・・

  • シフトがある仕事についての話です。特定の曜日に入れる人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接の際にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、出産のため休む人の代役として、正社員として入社したのですが、そこでは、「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すとよく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 転職活動の際に「私は経験としてこのような種類の仕事をがんばってきました」…

  • 今励んでいる転職する活動で「私は今までずっとこういう職場の仕事をしました」「過去の仕事では、このような技術に磨きを掛けました」とそれまでの自身の実績・セールスポイントをがっしりアピールしようと考える人はしばしば見かけます。しかし、応募しその環境下で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「私があげたような事なら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンを話してアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え、…

  • 転職先を探している期間中は、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない様にすると良いです。会社が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に興じていたことで気付かないうちに集中力が上がります。加えて、体力アップしていることで一緒に働く人たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識することができます。そんなわけで、休職中は趣味に打ち込むことと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。もしも、働き出した会社で同様の趣味の方と出会えれば、話が盛り上がります。ですから好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 長年接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢とともに立ってする仕…

  • 長いこと接客業で仕事をしてきましたが、加齢とともに立ってする仕事は体力的に耐えられず、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて活動しました。事務の経験がないとけっこう厳しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人医院に転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業をしていた頃より帰宅時間が遅くなったのですが、初めはキャリア形成の時期だと考えて仕事に励みます。
  • 新卒で入社した会社を離れ、転職すると決めました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職すると決めました。実際に退職する前後は、相当に不安で悩みました。新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動をしていく中で理解し、無意識のうちに前よりも気持ちが楽になりました。転職を経験したことにより自然と気持ちが前向きになって、「自分のやりたいこと」を見つけることが楽しいものになりました。いまだ「辞めずに続けることが普通」というような意見も根強くありますが、それが正しいとは限りません。私のケースでは転職を決断して良かったです。
  • 日本には古来より”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。ただ、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職しようと考えるなら、タイミングを捉える必要があります。基本として、今やっている職場、自分の置かれている立場などに関して、嫌だと思う点を、10個前後、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうすることによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ手早く、よりも良い仕事ができるよう、進めることも大事です。
  • 再就職をする際に面接でかなり高い確率で質問される…

  • 再就職をする時に面接でおいてほとんどの人が質問されるのが前職を辞めたのはなぜか、という話です。この質問が出た場合には話の内容を前職のことにしない方が賢明です。前職を辞めた経緯が的にされてしまうとほぼ確実に悪い面を伴った話になってしまいますから。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ以前働いていた会社を退職したかという点をぜひともこの会社に入社したかった理由があるといった内容に持っていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に話を向けていくといいでしょう。転職理由でも、そういう話ならば、マイナス面を消し良い面を押し出した前の職場を去った訳にすることができます。
  • いよいよ転職活動を予定しているのなら、現在の業務の何に不満を感じているの…

  • そろそろ転職活動を考えているのなら、現在の業務の何が気に入らないのかを洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。元々転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現在ある業務や仕事の不満な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事ができるでしょう。
  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く際に・・

  • クールビズの服装で転職の面接場に出向くときには、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくても安心であるとはっきりと言い切れます。ですが、ネクタイはして行った方が安心です。タイの着用はなくても良いと考える会社もある可能性はありますが、ことネクタイについては例えクールビズでも身だしなみとしてつける必要があると思っている企業がいくつかあります。そのような訳で、例えクールビズの恰好でもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が印象が良いというのは分かっておいてほしいです。
  • 安定的な生活を希望して正規の雇用社員として働きたいと考えている・・

  • 安定的な暮らしを手に入れるために正規社員を目指す人は少なくないでしょう。けれど、いくら頑張っても正規雇用が現実化しないこともあります。派遣社員の求人募集はたくさんあるのに正社員の求人以外には目もくれず時間を無駄にしてしまっているようです。万が一あなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、派遣社員の募集も見てみましょう。企業の一部は、成果によって数年で契約社員から正社員にステップアップできることもあるからです。面接の最後に「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを訊いておくようにすれば人生設計が立ちやすいはずです。
  • 転職をしようとする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書に関してですが、…

  • 再就職する際に書かないといけない履歴書などにおいては、たいていは手書きではなく、パソコンで作るというのがほとんどです。今現在の日本においては履歴書はパソコンを用いず自筆で準備するというのが一般常識だと捉えられていることもありますが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際のところ、転職をする時については絶対にパソコンで書いたものは駄目と言い切ることはできないのです。手書きの履歴書を高く買う会社もありますけど、そうではない企業がずっと増えてきますから、パソコンで作られたものでもよろしい企業はいくつもあるのです。
  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣として勤務しています。労働契約法のおかげでやむを得ず、長期間働いた派遣先での仕事が終わります。派遣の仲間の中には、派遣の勤務先で正規社員の待遇をゲットした人もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言って仕事の能力とは関係なく派遣先の上司への媚びへつらいがうまい人でそれが採用の決め手となった感じ。業務処理能力より上司に媚びる能力の方が必要なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣の同僚といつも愚痴っています。