転職時の面接に転職したい会社へ向かいました。

転職における採用面接に転職希望の会社へ伺ったときのことです。

  • 転職の面接を受けに行ったときのことです。たまたま会社で会議室が空きがないということで社外の会場で採用担当者と待ち合わせて面接をして、その場所で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内においてもずっと話をしながらいっしょに帰ることになり、おかけで緊張がほぐれ面接より話が弾んで、それが奏功したのか何事もないまま採用をゲットすることができました。

  • 何年か前までの求人誌には、雇用主が必要とする「性別」について、…

  • 以前の求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。ですが、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が採用時にあってはならないという決まりになり、求人情報の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。それでも、募集情報を出す会社は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。そのため、男手を必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、女性希望の企業に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる職場です」と紹介されていたら、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのができます。

  • 転職を行うとき、あらかじめ、公式ホームページ、求人票、パンフレットなど・・

  • 転職活動では、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調べると思います。ですが、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の社員の声や社長のインタビューについては、それを事実として見るのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、難癖をつけながら会社を辞めれないように画策します。このようなブラック企業には注意が必要です。

  • とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。すぐ…

  • とある古物商にて、書類選考をクリアしたため、担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかし、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、だるそうな対応の状態のまま何とか面接を終えました。ですが、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、もどかしくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。そんなわけでまた問い合わせたところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。しばらく言葉も見つかりませんでしたが、本心から、採用されなくて良かったと感じています。

  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載される求人情報が豊富なた…

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど豊富な量の案件が掲載されているため、入社したい2つか3つの会社を、とりあえずはウェブサイトに登録しておいて、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。でも、初めに限っては登録が若干厄介なのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録する初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、初めの準備を怠らないことを心がけるのが無難です。

  • これまで20代前半までに転職を数回で、そして今、いくつか資格を取得するため…

  • これまで20代前半で転職を数回した為、そして現在、資格取得のため、派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務とは異なるため、手取りが少なくなってしまいました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代に資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際に、そういった人を見る度、少し羨ましさを感じてしまいます。前は、成功している人と自分との違いにガックリしていましたが、結婚して随分と生活環境が大きく変わり、明確な目標ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

  • 転職なら、仕事におけるやりがいアップと共にさらに手取りが増えるこ・・

  • 転職を行うならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一緒にそれに加えて収入が上がることも大切なポイントになるから「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調べています。全く同一の会社でしかも全く同一の職種、経歴なのに人によってずいぶんと幅がある場合も数多くあって、ぶっちゃけた話面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをチェックしていたようで「高い収入で書いているのは、書いた者も誰だろうとある程度察しがついているのですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 現在では、株・不動産投資といった、不労所得で儲けたり・・

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得のほかに個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。一概に会社勤めだけが世の習いといった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、自営業や株式よりも組織の一員として働くほうが手堅いとされていました。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そのような時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名がいわれます。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。これに関して「転職エージェント」の利用が初めての人は大変ビックリされると思います。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが役割だといえるので、積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手のエージェントは、転職を成功させると企業からお金を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業側を優先的に考えることが多々あります。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出ると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職にしくじらないように注意しなければいけません。

  • 職を変えようとしようとしている時に注視する求人というの…

  • 再就職をする際に見る募集要項については、参考程度に記載されている、という確率もあり得ます。なので、載っている情報は何もかもが間違いのないものだと簡単に信頼しないほうが好ましいと言えます。中でも特に報酬においては社員を平均した額なのか?最低額なのか?最高値なのか?という読みができないケースが多く、自分で適当にわかったつもりでいると、後悔することになる事も少なからずあるでしょう。そのような訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人に掲載されている情報は参考程度に考えて、そういったような件は会社側に直接確認した方が適切です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

  • 自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きでそれが高じて、かつては、飲食業界(レストラン)で仕事をしていたことがあります。その飲食店での仕事内容は、そのお店で担当していた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。そのことが引き金となって仕事をやめることにしたのですが、その影響で、大好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物すら苦手になってしまい、よく似た飲食店は現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは本当にステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、もう一度見直す必要があります。

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の人たちが就職活動の・・

  • 転職の面接で必要なスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の際にに準じている色が一般的となっています。ですので、黒や紺のダークなカラーになるわけです。それが、再就職のケースであっても、ビジネススーツの色味というのはこういった色が圧倒的な数を占めていて、そうでない色のビジネススーツの人はほとんどいません。それ以外の色と言うと、たまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。割合からしても紺系や黒系とかのスーツがほとんどなので、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが普通であるように感じるので、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

  • 働く中で回復が難しいほど精神的に相当につらくなってしまい・・

  • 会社が原因で回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談する以上に、家族などの近しい存在の人と話し合い、退職するか判断した方が良いです。どうしてかというと、働くということはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに高い給料を手にしたからといって、メンタル面がボロボロになるほど仕事をするのは好ましいわけがありません。今の時代は経済的なことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方が尊重される時代です。ですから、身内や、自分の心と体を大事にしましょう。

  • 転職するにあたって、現在働いている会社を退社する時に…

  • 転職を行うにあたって、今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分の都合により退職届を出して会社を辞める、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険が出るのではなく手続きにした後に失業が認定されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってその結果ハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。

  • 転職時は、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが…

  • 転職活動を始めるにあたって、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、見方を変えると、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。または、真実はクロで「本当のことを書かれてしまったので、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることで注目されるので黙認しますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ、入社してから不利益になる可能性が高くなる、と思っていいでしょう。そもそも、本当に善良な企業であればトラブルとは無縁です。

  • 現在の勤め先・仕事内容について不服に感じていることの中…

  • 現在のあなたの職場や仕事に対する不満に思っていることの中に、「自分のスキルや能力を正しく評価してもらえない」したがって、「年収は上がらず、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満を挙げる人が多くいます。でも、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分の本来の能力を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。転職を円滑に行うためにも、実際の自分のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。

  • 転職を視野に入れているなら小まめに色々な会社の採用情報の…

  • 転業を近いうちにするつもりなら、小まめに色々な会社を定期的にチェックすることが、再就職先の労働環境の見極めが大いにしやすくなります。あなたが今の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、いざ転職活動をする際、どんな会社でも魅力的に見えてしまいます。そういった状態だと、どの企業を選択するべきか、迷ってしまうのでどんな企業でも飛びついてしまうのです。その結果、直ぐに退職しなくてはならなくなるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その企業の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。さらに、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。