転職活動で面接のときに間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接で間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば報酬に関する不満、上司と相性が悪いことなど、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。おそらく、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • いい職場につきたいと転職で活動しているとき、「一刻もはやく…

  • もっと良い会社がいいと転職活動中の人の大半は「ちょっとでもはやく内定(採用通知)を手に入れたい」と思っているはずです。ですが、そういう気持ちで内定を欲しいあまり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは対称的に安売りしてしまう言動はなるべくよしましょう。そうではなくて、焦る気持ちを抑え、落ちついてあなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職の理由は何ですか…

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接担当から「転職理由は?」といった形で、必ずと言っていいほど訊かれます。このとき、どれだけ正論だと思っても、前の職場の働く環境や人間関係についての不満やトラブルを絡めた返しは、できればしないようにしましょう。というのも、此の様な内容の話は、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが正解なので、とにかく「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」といったような未来志向での返答が良い成果につながります。

  • 新たな職場で今までに培われてきたキャリアやスキルを生かすことができた・・

  • 新たな勤め先でそれまでの資格やキャリアを活用できれば、即戦力と周囲から見られてすぐに職場環境にも慣れて、同時に会社サイドしても、即戦力は常に必要なので、時期さえうまくいけば、円滑に事が進むでしょう。加えて以前の働いていた仕事と同じような仕事内容なら確率はおおいにあります。ですが、それなりに実力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員といったジャンルは、時代や景気に関係なくかなりの難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活動…

  • 将来に目を向け、楽しみながら転職活動ができれば、精神的な負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。精神的な箇所が良好であれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。理想とするのは、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることです。今の仕事を続けながら、転職活動することが良いでしょう。おまけに、隙間のない探し方をすることで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすると、職歴にも空白期間が無いので履歴への影響も回避できます。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。

  • 看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的にも女性の多い…

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師という職業は、どうしてか女性比率が大きい職種です。しかも、気力あるいは体力への消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜんのように職場での対人関係で行き詰まったり、自分の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい職業といえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職される人が多いというのも事実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。最近は特に、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。

  • 今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える場合に・・

  • 今ある自分のスキルや資格を活用しながら転職活動したいと思っているなら、再就職しやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておいてください。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人手不足である医療・介護業界が代表的といえます。医療や介護では、看護師、介護士の資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、諸事情によって、異業種へ転職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。したがって、簡単に考えない事が必要です。再就職を希望するなら、異業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

  • 派遣会社に登録して働いている人が近時は増えています。

  • 働くのに派遣会社に登録する人が近頃増える傾向にあります。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを極力面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みです。派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいケースでは、2割しか支払われていなかったというケースもあり得ます。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、そこでの登録を止めておくのが賢明です。

  • もしもあなたが、とらばーゆの決意したなら、まったく会社の人…

  • とらばーゆを決心したなら、周囲の人にはその意思を伝えずに、うまく活動していき、転身先が決定していないのなら、できれば周りの人に知られないようにいつもと同じように振舞うのが利口です。その姿勢を保っていれば、万一希望に知った転職先を見付けることができなくても、転職時期を遅らせながら、今の職をそれまで通りに継続しても簡単にできます。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉に合わせた動きを取ります。また周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人は転職する人」という位置付けになります。そうなってから転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするでしょう。

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

  • 最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、社名が公表されるなど損をする仕組みができてきましたが、まだまだ問題が多いというのが現状です。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目を順番にいろいろと質問してみることです。ブラック企業であれば、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。その場での回答を避けるなど逃げようとします。とりわけ「給与」「残業」「休日」においては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社に入社すべきではありません。

  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように…

  • 仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと思っている方も少なくありません。今では転職サイトを活用すれば、地方や郊外の求人もタッチできます。ただし、地方や郊外での求人に関しては、都市部のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもしっかり確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートに関する情報もチェックすると良いでしょう。

  • 再就職しようとしても何もかもが首尾よく運ぶと言い切ることはできません。

  • 再就職を考える場合、万事首尾よく運ぶというわけではありません。どうせするなら、どのみち転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちにできるだけ早く考えておくほうが良いです。平均としてみると、20代のうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代を迎えると転職活動全般は、相当に厳しくなります。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職を考えていても現在の会社に居残ることも選択肢から外さないほうが良いです。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社に籍を置いたまま時間をかけて注意深く行動したほうが堅実です。

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に適・・

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自分に合う自身が納得できる転職先を選びたいものです。勤務先、職場を変えると、驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。でも、マイナスの面も持ち合わせていて、即戦力となりうるスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、「天職」にありつく可能性も広がる、ということです。近年は、「職業選択の自由」が権利として当たり前になっているので、転職して転職を選んでも偏見を持たれてしまうおそれもありません。事実、終身雇用が死語となりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」と願う企業もますます増えているので、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。大部分の企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が大切です。ただ必要事項を埋めることにとどまらず、内容が魅力的であることも大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書きましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など具体的に記します。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために利用することも満足のいく転職をするための一つの手です。

  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが…

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業している間もらえるが、この給付には、しっかり「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って職を探してもよい会社を探すのは難しいです。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ときには、面接の時にその手の質問をされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた採用されません。

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが・・

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々金融政策ともあいまって財界や民間企業間においても次の世代の社会的な変化が現れ始めています。その変化が加わり、民間企業サイドでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が根深い問題となっています。ここ何年かの間で外国人の労働者を現状よりも増加させていく、であると現政権は宣言しています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというより・・

  • 転職活動は、希望先転職先の会社企業というより、どちらかと言えば面接係員との勝負といえます。面接で満足いく結果を出すために、ゼッタイに面接の時間になる前に焦らずに対応しましょう。お見合いをする心構えで望むと問題はありません。更に大事なことは面接を通じてまずは自分の人間性を判断してもらうので悪い評価になるような態度は注意しやめましょう。常識的な社会人らしく整った服装で向かいましょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、自ずと良い結果を出せるはずです。