転職活動を始めるとき、はじめに、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして…

転職する場合は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職活動の際は、予め、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで気になる会社をチェックするはずです。しかし、当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても差しさわりのない表現をします。そのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、そのままを信じるよりも、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。この種のブラック企業には気を付けましょう。

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。すぐに…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。その後先方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。待っていると、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接を終えました。ところが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないのでふたたび、連絡をした結果、なんと、「残念ですが不採用とします」、とすぐに電話を切ってしまいました。呆れ果ててしまいましたが、正直なところ、採用されなくて良かったと痛感しています。

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載数も豊富なの・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方がたくさんの会社が掲載されているため、入社したい2~3社を、サイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に自動で案件の通知が入るようにすると、簡単に転職についての情報収集を行うことが可能になります。ですが、初回は登録するのになかなか手間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備を怠らないことを心がけましょう。

  • 私は20代で転職を2度行い、そして現在、資格を取る目的で…

  • 私は20代で転職を2回経験し、そして今、資格を取るべく「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務ではないのでどうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、もっと学生の頃に資格を取り、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、実際、そういった人をみると自分もああなりたかったと感じたりもします。昔は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガックリしていましたが、結婚をキッカケに生活自体が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったのでまいにち充実しています。

  • 転職なら、当然やりがいのある仕事をすることも大切だ…

  • 転職にあたっては、仕事のやりがいのアップと一緒に加えて給料アップも大事なポイントになりますから「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調べています。同一の会社でしかも全く同一の職種、経歴であるのに人によってかなりの幅があることも複数あり、ぶっちゃけ面接で質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた方も誰か予想できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、…

  • 昨今では、株・不動産投資の不労所得のほか、起業を目指す人も増えています。そういった社会的背景もあり、「会社員以外の道はキケンだ」といった見解も過去のものとなりつつあります。高度経済成長期の際には先行きがみえない株式投資や自営業よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されていました。そういった時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」という風にも言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手が必要なくなると言われています。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールで何回も連絡が入ります。これに関して初めて利用した人は非常に驚くケースがよくあります。転職エージェントは転職させることが役割だとされるので、とても積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が入る仕組みといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが多々あります。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように充分に注意しておきましょう。

  • 転職をする時に閲覧する求人内容については基準的なものとし・・

  • 職を変えようと考えている時に見る募集内容は通常のものとして書かれている、という確率がありますから、そこに書いてある内容は全部正確な情報だとは安易に信じないほうが最善でしょう。中でも特に給料の額などにおいては、平均の値なのか?最低額なのか?一番高い給料なのか?というような読みができない時が多く、自分の判断で読み取ってしまうと、今後、嫌な思いをする事も少なくありません。それゆえ、嫌な思いをすることになる前に、募集内容に関しては、おおまかなものだと思って、そういったような重要なことは会社に直に確認した方が良いでしょう。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたい…

  • 自分の好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが好きで前に、飲食の世界で勤務していた期間があります。その飲食店での業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。ということが引き金になり、職場を離れることにしたのですが、その結果、大好きだった食べること、そしてその店で扱われていた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと願うのは素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に向き合ってから行動するべきです。

  • 転職の面接で必要となるスーツのカラーは、新卒の就活に身に付けるカラーが…

  • 転職時の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の時に着用しているカラーが安全です。要するに、紺系や黒系といった感じのようなダークな色合いになるわけです。再就職のケースにおいても、着用していくスーツの色は新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが多数派になっており、そうでないカラーを着ている転職者はあまり見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、大方は紺や黒のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接担当者も黒や紺のスーツが当たりまえに感じます。ですから、第一印象という観点では推奨したいわけです。

  • 職場環境のせいで精神的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

  • 働いていることで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そんな時は、職場の人と相談していくより家族と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。働くということは当事者である自分です。が、しかし家族の問題でもあります。どれだけ報酬が良くても精神がボロボロになるほど我慢しながら無理して仕事をするのは健全ではないはずです。今の社会では、経済的なことよりも、働きやすさを大事にする生き方も段々と増えつつあります。ですから、身内や、自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 転職に先立って今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが…

  • 転職をするために今勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしもあなたの都合で退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」の際には失業保険はすぐには出ず手続きを終え、失業したことを認められてから3か月の期間が必要なのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってハローワークの職員さんと口論になっているのを見たことがあります。因みにリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてから直ちに失業保険をもらえます。

  • 転職する際は、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、…

  • 転職活動を始めるとき、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐としてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては放っておけばいいようにも思えます。ですが、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。人もそうですが、良い会社には煙すら立ちませんから。

  • 現在の自分の職場や業務に対する何かしらの不満があるはずです。

  • 現在のあなたの職場・業務内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自分のスキル・能力が正確に評価してもらえない」したがって、「給与は平行線だし、将来的な昇進も期待できない」といった不満が多くを占めると思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分の手腕を過大評価していることもあるのです。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と中々就職先が決まらない可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性も少なくありません。再就職で成果をだすためには、あなた自身のキャパシティを厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

  • 転業を考えているなら、まめにさまざまな会社の情報を定期的に調べたり比較したりしておく…

  • 転職を近いうちにするつもりなら、こまめにたくさんの企業の募集案内をチェックすることが、再就職先を選ぶのにとても役立ちます。今の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、いざ転職活動を開始した時、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そうなったら、どの会社に決めればよいのか判断が難しくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。雑な行動を取ると、最終的には短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、どんな会社か見極める目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引先情報を開示していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

  • 転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職…

  • 転職活動をされているのなら、気になった求人(業界)を見つけたときに絶対「〇〇業、ブラック」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索によってカンタンに瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういった手間を惜しんで入社してしまうと、のちにしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が出ている理由が、「仕事がキツイからスタッフの出入りが激しい」というケースがかなり多いため、目に留まった案件・業種については、注意したほうがいいです。

  • 大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を扱って…

  • 大手の就職エージェントに限って、いろんな案件を取り扱っているというメリットがありますが、他方、競合する転職希望者も多くいます。そのためあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が不可能だと判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱いとても難しいので、方針を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか、と尋ねておくと自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。