昔はずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつてかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーの質も驚くほどまちまちでほとんどの場合、満足できない感じる人ばかり。こっちは人生がの大事な事なのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという感情が積もって、それが理由で自分自身がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格の取得は支出が増えましたし勉強の面に関してもとてもヘビーでしたが、就活中の人に信用してもらえる人になるべく努力しています。

    転職したい会社で見学などがあれば、すごく参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、良い勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社は、腕を見るのが楽しくもなります。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることは少ないです。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、働きだしてからでないと、本当の姿はわからないものです。ですから、仕事は見学で見たものだけだと解釈しないことがとても重要なのです。また、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので選択肢に入れるのはオススメできません。入社していない人間には、もし何かトラブルが発生しても、保証など一切ありません。仮に、勧められたとしてもていねいに断るのが無難です。

    近い将来、私たちの社会的環境において段々と単純労働・・

  • 将来的に、私たちの労働環境においてますますシンプルな作業は機械に切り替えられて最終的にはマンパワーはどうしても削減されます。というのは、短絡的な作業は人間の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をリピートしたりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、何より正確ですし、均一だし、そして、人と違って賃金が発生しません。このような理由から、人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械に移行していくのも自然の流れなのです。

    職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい就業先では「年収」の高望みはしないほうが良いです。特に、入社1年目の段階では、おおむね研修期間を含んでいる会社が多かったりもします。自らのときは、せっかく手に入った職場なのに、予想と異なり以前の職場での年収とあまりイコールで変わりませんでした。それに加えて、業務はキツく、とても責任のあるもので、最初の1年は、ひどい状態でした。そういった実体験から転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、なるべく転職前にお金をためておくべき、と思います。

    もしも転職をするなら資格を取るとステップアップします。

  • もし転職をするなら前もって資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがお勧めです。転職に有利に働くので新しい仕事を探すのも楽になります。こういった理由から、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適といえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく次に進めます。そして、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の場では戦力として使えるとみなされ、以前より待遇アップも期待できるでしょう。

    転職活動を進めるには、それなりの準備は必要です。

  • 転職にあたって相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に映る「ファッション」は、気になっても仕方がないと思います。でも、現在の採用面接については形式ばらない服装がOKな企業があるので、ガッチリとビジネススーツで決めて面接に臨まなくても良い場合があります。創業したての会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。さらに、正装でないので、フランクに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、時には面接時に洋服の話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。転職活動をする際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

    人からの紹介を通じて転職先を探すこともあるでしょう。

  • 知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。それはいいけれど転職の先の労働環境や労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミ情報を過剰に信用するのは問題になることが多いです。そういうのはそういう口コミ情報は客観性に乏しいからです。紹介した人から見たら良い働く場所に映っても、自分の主観で見た場合、ストレスだらけの環境、、、という場合なのかもしれません。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、最終的には自分の目で確かめておくことも大切です。

    転職することをスムーズなものにするには、最初に情報収集をしておきましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初に行動するようにしましょう。それには最近は名前も知らないような小規模な会社だって公式ホームページで会社を紹介しているところが多いので、ネットで色々と必要事項を調べておくとまたその企業の疑問点などを整理しておくと良いでしょう。また、公式サイトのほかに、「転職サイト」にログインするのも意外な発見があるはずです。また、インターネット以外の手段として、転職の候補にしている企業を自身の目で判断してみましょう。

    こういう転職というのは従兄の話です。

  • こういう転職ができたという話は兄の話です。新卒の就職活動で入社第一志望であった憧れのA社の最終面接で不採用になって、それから後泣く泣く他の会社に就業しました。それから2年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧する中でたまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、気持ちを抑えることができず当時の会社をすぐ辞め、A社に派遣という形で就労しました。勇気がありますね。真剣に頑張ってその後幸運にもA社で正社員として採用され、現在は仕事に生きがいを感じながら元気に仕事をしています。

    転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動される人は多くなってきました。転職のチャンスを高めたいのなら、加えて転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運べば多くの企業に関する情報を得ることができ、さらに、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する場合は、面接を受けるつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。フェアを通じて、自分の能力や人柄が評価されれば、後日応募して面接等に進む時に非常に有利になると予想されます。

    昨日転職のために人材会社へと登録に向かいました。

  • 数日前転職のために人材紹介会社へと登録に足を運びました。そこで登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の人がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、私の説明の3割も彼はわかっていない感じでした。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくべきです」とか、一丁前の話を横柄に言うからとても不愉快でした。カウンセラーはそれなりに仕事を経験している人にしてほしいものです。

    転職活動を行う際に、まず会社を辞めてからという考え方もあります…

  • 転職活動を始めるときに、とにかく今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスの支給時期を見積もっておきましょう。ボーナスの支給がある会社はそこら中にありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが手に入る日まで少ししかないのなら、支給日を過ぎてから辞めるという手も賢い方法です。ボーナスはそれなりに大きい額になると思うので、もらわないのはもったいないともはっきりと言うことができますから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支給される日について確認するのを怠らないようにするのがもったいない思いをしません。

    在職期間にあるときは、状況が許す限り、周囲に悟られないよう、…

  • 就労であるのなら、可能なかぎり同僚に気づかれないように、(自身の経験談ですが)前職中に転身する意図のみを早期に周りの人間に言ってみたことがあります。とはいえ、それから、転職情報を色々とチェックしてみたのですが、思いとは裏腹に転職先のあても、転職するタイミングさえも無鉄砲に決まらないまま、あっという間に時が過ぎてしまい、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経て次の就業先を再度探しました。

    転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を強くするための自己啓発系の情報は容易に拾えます。加えて、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することができます。何かと言うと「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、今までとは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ですが、退職して間もない頃は精神面がダメージを受けやすいのでその後のために休業期間も必要です。

    最近はPCやスマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界で・・

  • 世の中は変わっていてスマートフォンを使えばわかるけどネットの世界では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものがあちこちに存在します。サイトから自分自身にピッタリの転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報収集をする必要があります。こんなサイトをきっちり利用することで満足度の高い転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、チェックしてみましょう。

    転職活動をしている際に、面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について隠さずに話すのは問題です。たとえば収入面の不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者によいイメージを与えるものではありません。自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、「入社したら、〇〇をやっていきます5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機にすり替えてしまうのです。

    違った会社の社員になりたいと転職で活動している人というの…

  • いい企業がいいと転職をする活動中のときの場合は「少しでもはやく内定(採用通知)がものにしたい」と思ってしまうはずです。ですが、それで吉報を得たいあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、またその逆で自分を能力を安く見積もったマネは可能な限りしないでください。そうではなくて、焦る気持ちはブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く探していきましょう。