転職をする際の面接を受けるときにする腕時計は、目立つようなタイプの…

転職する際に行われる面接で使う腕時計については、目を惹くタイ…

  • 転職をする際の面接のときにする腕時計においては、どう見ても目立つようなタイプの時計はつけて行かない方が悪い印象を与えません。この場合の、目立つ意味はブランドの腕時計とか、といったことだけではなく反対に安っぽいものに見られてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆の意味で目を惹く、ということで考えておいてください。腕時計についてはスーツやネクタイと同じように考えて、面接にふさわしいものを選んだ方が悪い印象にはなりません。そうはいっても、自身の歳にあったものというのも肝心であって、新卒で受けた面接のときに着用していた腕時計よりはほんのわずかであっても高価なも腕時計にした方が好ましいとはっきりといえます。
  • シフトのある仕事についてです。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、休む手順やシフトの出し方については面接時に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の代わりに正社員として就職したのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • いい転職をしようと転職する活動で「私は今までずっとこういった種類・・

  • 今やっている転職活動で「私はこれまでこういった内容の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、このようなスキルを身につけました」とそれまでの自身の実績を強めにアピールする人はときどき目にします。ただし、応募し再スタートを狙う会社で「近い将来こういうような仕事をしたい」「私が言ったような内容の業務なら積極的に貢献したい」と未来の展望を話して自己を売り込むほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使った…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れるとベストです。勤め口が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことによって気付かない間に集中力がアップしています。さらに体力アップしているために、他の社員と比較すると疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。そのため、興味のあることに没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。また、職場のなかであなたと同様の趣味の人と知り合えたのなら、すぐに仲良くなれます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 長い間接客関係で勤務していたのですが、歳をとると・・

  • 長く接客関係で働いていたのですが、歳をとるにつれて立って行う仕事は体力的につらく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを目指して活動しました。事務が未経験となると少々厳しくて、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も獲得して個人のクリニックに転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた時より帰りも遅いのですが、まずはキャリア形成の時期だと考えて仕事を続けます。
  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒で入社した会社を去り、転職を決断しました。退職したときは、1人で悩んでばかりでした。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、大半の人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、自然と不安が消えて、安心しました。なにより1回転職したことで何か、気持ちが前向きになっていき、「自分の好きなこと」を考えることが日々が明るくなりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」という意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私は転職を経験して良かったと思います。
  • 昔から日本には「石の上にも三年」といわれる諺もあります・・

  • 昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、転職というのは決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。そうではあるものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職を検討する際は、適したを的確に捉える必要があります。とりあえず、今やっている職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点をおよそ10個、メモしてみてください。こうすることによって、転職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるように進めることも大事です。
  • 転職をする時に面接で決まっているかのように投げかけられる質・・

  • 再就職をする時に面接で100%質問されるのが以前勤務していたところを辞めたのはどうしてなのか、という話です。このような質問が出た場合には話の内容を退職した会社のことにしない方が良いです。前職を退職するに至った経緯が的にされてしまうとどうしてもマイナス要素を伴った面接に進んでしまいますから。ポイントとしては、前の会社を辞職したのはこの会社に絶対に入りたいという考えがあったからといった感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社の方にスポットを当てるべきなのです。そのような内容ならば、悪い面ではなくプラスの要素を含んだ辞職の理由になります。
  • そのうち転職しようと考えるのなら、現状の業務や業務の何に対して不満を感じているのか・・

  • いよいよ転職することを希望しているのなら、現在の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりといまの仕事・業務の客観的にみた不満なことを列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことができます。
  • クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に臨むときには、…

  • クールビズ(軽装)をして転職の面接に臨む場合、さすがにジャケットは着て行かなくても安心であると間違いなく言えるのですが、ネクタイに関しては着用していったほうが良い印象を与えます。タイなしで大丈夫だと認めている企業も存在する可能性はなくはないですが、ことネクタイは例えクールビズだろうと必ずするべきだと考える企業が一定数存在します。そのような訳で、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が印象が良くなるということを伝えておきます。
  • 安定的な人生を手にするべく正規社員になりたいと考えている…

  • より安定した人生を求めて正規社員として働くことを意識している人が結構多いと思います。努力しても、中々正社員としての転職が現実化しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人募集以外を見ないで時間を無駄にしてしまっているようです。万が一、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の求人募集も見てみましょう。契約社員募集の会社のなかには、その人の手腕によって、数年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。
  • 再就職する際に準備しないといけない履歴書などについて…

  • 再就職しようとする場合必ず準備する履歴書や職務経歴書においてですが、基本的には自筆ではなく、パソコンで作成するというのが主流となっています。日本の中では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って書くのが普通だと思われている面もありますけど、それは新卒時の就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、転職のケースは履歴書は必ず手書きでないといけないとはっきりとは言えません。手書きを高く評価する会社もありますけど、違う場合が徐々に多くなってきていますから、パソコンで作成した履歴書でも良いケースは意外にもたくさんあるのです。
  • 派遣として就業しています。派遣法とかの関係で不本意・・

  • 派遣として働いています。労働契約法のからみで不本意にも長期間務めていた就業先での勤務があと数か月で終わります。派遣仲間の中には、派遣先の会社で正規社員の地位をつかんだ人もいるのですが実際のところ仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。業務上のスキルよりおじさんを転がす能力が大事なのかなーと選考に漏れた別の派遣の同僚と勤務先で不満をたれる毎日です。
  • 転職のための採用面接を受けにとある会社に赴いたときのことで・・

  • 転職の面接を受けるため転職したい会社へ向かいました。偶然会社で会議室が空いていないとのことで社外の会場で人事部の人と待ち合わせて面接をし、その場所で解散、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と同じだったのです。そのため電車の中でも面接担当者とずっと会話をしながら帰ることとなり、おかけで緊張がなくなり面接より話が弾み、それがプラスになったのか何事もなく採用を獲得することができました。
  • 一昔前の求人情報に求める人材の「性別」まで書かれていました。

  • 今までの求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、もれなく記載されていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、男女差別が雇用の際にしてはならないルールができて、応募資格内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、求人情報を出す会社は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。なので、本当は男性が必要なのに、女性が応募したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。例えば、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方がべきです。
  • 転職活動を始めるとき、事前に求人雑誌を閲覧したり・・

  • 転職活動では、まず、ハローワークの求人票を見たりして興味のある会社を調査するはずです。当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。そして、不都合な内容を公表する場合は、遠回しな表現を好みます。そのような類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれイチャモンをつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。この種のブラック企業には注意しましょう。
  • とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。2、3日して…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かったので、担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。だが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、驚くほどけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。だが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけでふたたび、電話した結果、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。私は呆れて何も言えませんでしたが、素直に、不採用でよかったです。