もし再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまう…

もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が大きく変わるおそれがあります。場合によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。さらには、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。上記のような状態を避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い状態のまま会社を辞められます。さらには、トラブルなく退職できれば、転職後にも、あなたが何かあったときに相談できるはずです。どのような企業であっても、人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める前のトラブルは、できるだけ回避してください。

たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

一流企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。また、都会以外だと転職の機会は多くはありません。しかしながら「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに工場を構えていることが可能性があります。そういう工場の場合、事業拡大をする際に人員募集をする事が結構あります。このチャンスを利用するのがベストです。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、その地方の工業団地の会社をあらかじめチェックしておきましょう。その会社のHPをチェックし、人員募集の有無など、しっかりとチェックすると良いでしょう。

近いうちに転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでに期間がある場合・・

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」をもらっておきましょう。勤めている会社側が社員に「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。さらに支給される「失業手当」の金額は、最後に働いた月の給料を基に失業手当の金額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際にわたしが転職をすると話した時にはズルズルと長引き結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。はじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、なぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、区切りの良い年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての職場に対して失望しました。

再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださいと…

転職の時に行われる面接時にクールビズでお越しくださいと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズの格好は実際は良くない印象になるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する不安を懐に抱え込んでしまっている人に進言したいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われているのであれば、書かれている内容をそのまま実行したほうが安心です。色々迷うことによってしまい、汗がでる時期にしっかりとスーツを着用すると相手側に暑苦しいと思われますから、会社側からクールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで構わないのです。

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接において、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんどありえません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

派遣先が決定しました。勤務初日に派遣会社の営業の担当の人…

派遣の仕事が決まりました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当の人と派遣先に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、なぜか約束のお店の前にいないから中にいるのかもしれないと思ってコンビニエンストアの中に入ったところ、営業担当者はなんとまあ雑誌売り場の前に座り込んでいかがわしいグラビアページを開けて見ているのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて絶対嫌だと感じ、そこで声をかけずにこっそりと店を出て速攻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

転職活動をするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

就職活動をするにあたっては、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもありますが、たとえその種のところに登録し、運よく就職先をうまく見つけたとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を使って就職しても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。これと違って、「ハローワーク」によって斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職の準備金として一時金が受け取れることになります。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険とは何の関係もありません。これについて知らなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

転職活動における最後の問題として、現職の退職があります。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社を見つけても、現在働いている会社があなたを手放したくないとして慰留しようとするかもしれません。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強固な意思を維持することが重要といえます。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において重要なポイントになってきます。

看護師という職業の人のそれと違う職業に転職に至る理由は・・

他の職に転職に至る理由は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。ちょっとみると看護師の転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産それから子育ておまけに親の介護など、種々の変化によってこれまでと同じような働けなくなってしまった」「現在の給与体系に不満を感じている」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を決める前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めて静かに再度、現状認識をしてみることも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。

ついこの間、転職をやっとしたというのに、すぐに辞めてしまう決意してしまう人が…

2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまうという届を提出する人がずいぶん多いものです。それはたぶん気持ちも新たに、自分自身に合った仕事に飛び込んだものの、「自分自身の思っていた仕事とけっこうギャップがあって幻滅した」「独自のルールにどうしても慣れなかった」という原因で去っていくことが多いといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、はやり前もっての情報集めは徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、通勤に掛かる時間、など多角的に前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

求人関連の広告には、とうぜん大部分の会社では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人情報にはほとんどの場合、大部分の会社では月の給料が記載されているはずです。しかしこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が必要です。数字だけを見てわかってしまわないようにしましょう。場合によっては、月収の額の中身が「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、そういった応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

転職をする活動をしているときは、なにはともあれ常にあなたの…

転職をするための活動を効率的にやっていくには、なにはともあれゼッタイにあなたの内心が静かであることをとても重要視したいものです。まだ会社を辞めないで転職の活動をしている場合、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職後にする場合はやはり心のうちが焦りがちになってしまいます。であるので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。自分がやってみたい業務や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致してるか、しっかり、冷静に見極めていきましょう。時間を掛けて判断することで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

転職希望者が受ける面接では、小企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、…

再就職時の面接では、中堅企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあります。例を挙げるとしたら、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、言い換えれば役職クラスである部長や課長が面接をしてくれることもあります。とりわけ、事務系や営業系の場合は、資格を通じた人の判断をするのが難しいですから、堂々と自分自身をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当者たちから「この候補者はハッキリ主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

派遣で働いています。ウェブサイトを見ていて何の気な…

このところ私は派遣会社で働いています。サイト内で気の向くままに条件のよい仕事を見つけて確認したところ「その仕事はすでに他の方に決まりました」と言われてしまい瞬間的にサイトから仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日にそのページを見ると再びその求人募集が掲載されています。それって結局は私だとダメと言いたいのですね。そういうことであるならば変に隠さない程度に正直に伝えてほしいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはひょっとして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

仕事を探していた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

私が求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルも色々あって大方は満足できない感じる方ばっかり。こっちは人生がの大事な事なのにもっと熱心に向かい合ってほしいという気持ちが高まってきてそれが理由で自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格取得のためには経済的な負担も増えましたし資格取得のための勉強面もとてもきつかったのですが、求職中の人に頼りにされるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職したい会社で見学などがあれば、とても勉強になります。

転職したい会社の見学ができれば、すごく勉強になります。その中でも、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、本来の仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、入社後でなければ、実際の働き方が出ません。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが良いです。さらに、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、問題があるので言語道断です。入社してもいない人にはもし問題が発生したとしても、保障も一切ないので、担当者から勧められても角が立たないように断ることが大事です。