今励んでいる転職する活動中に、「自分は今までにこのよ…

励んでいる転職する活動をしているときに、「自分は今まで…

  • 今励んでいる転職する活動をしているときに、「私は今までずっとこういった価値のあるの仕事をしてきました」「過去の仕事によって、手にしたスキルは、、、です」とそれまでの経歴を十分にアピールする人はけっこう少なくありません。でも、転職先となる新しい企業で「可能ならこういったことに挑戦したい」「このような内容の仕事をするのならできれば貢献できるに違いない」と未来の姿を通して自己をアピールする方がよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • 転職期間のあいだは、趣味に没頭する他、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れる・・

  • 転職期間では、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない生活が良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に打ち込んでいたことで、気付かないうちに集中する力が高まります。そしてまた、体力を補っている事で、一緒に働く人たちと比較すると疲れない体になっているということを認識します。そんなわけで、退職したら運動なども取り入れて体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。その後、職場のなかであなたと同じ趣味を持つ人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 長年接客関係で勤め続けてきたのですが、歳をとるにつれ…

  • 長く接客関係で勤務してきましたが、歳をとるにつれて立ち続ける仕事は体力的にハードで、事務系のお仕事への転職を視野に入れて活動をしました。事務が未経験だと少々厳しく、それなら接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人病院に転職することができました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係が苦痛。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰る時間が遅くなったのですが、最初はキャリアを形成する時と諦めて頑張ります。

  • 新卒採用で入社した会社を退職し悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を去り、悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞める前は、1人で悩んでしまいました。でも、社会に出て数年経てば転職をして多くの人が転職を経験していることを転職活動中に気づき、自然と前よりも気持ちが楽になりました。転職を経験すると徐々に肩の荷が下りたような感覚になり、自分のしたい仕事を見つけることが楽しくなりました。なかには「辞めずに続けることが普通」といったような意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は転職をやって良かったと思っています。

  • 昔から”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 昔から「石の上にも三年」という格言があります。昨今、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。再就職しようと考えるなら、タイミングというのも有るでしょう。必ずや現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、嫌だと強く感じていることを、およそ10個、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には迷うことなく、今より良い職を手に入れるべく頑張ってみましょう。

  • 転職をする時に面接でほぼ必ず尋ねられるのは前職を退職した…

  • 再就職をする際で決まり文句のように問いかけられるのが退職したのはどうしてなのか、という話です。このような質問に回答する際には話題を辞めた会社のことにしない方がベストです。退職するに至った経緯に焦点を当てるとほぼ確実にマイナス要素を伴った面接に進んでしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をこちらの会社にどうしても入りたいと思っていたからという話の中身にしたら良いということで、今自分が入りたいと思っている方の会社に話を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういった内容ならば、マイナス面を隠し積極性を前面に押し出した退職理由に聞こえます。

  • いよいよ転職を予定しているのなら、今の仕事・業務の何に不満があるのかを…

  • いよいよ転職活動を予定しているのなら、今いる業務で感じている不満点を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「客観的に考えた満足できないことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは可能なはずです。

  • クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジする場合・・

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとするときには、さすがにジャケットまでは着用しなくても大丈夫だと言えますけど、ネクタイだけはしておいた方が印象が良くなるのでお勧めです。タイもする必要ないと認める企業も存在する確率もあるにはありますが、ネクタイは例えクールビズが推奨されていても必ずつけなければならないと決めている企業がいくつかはあります。そのため、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が安心だということは認識しておいてください。

  • より安定した人生を送ろうと正規社員を目指している人・・

  • 安定した生活基盤を送りたいと正規の雇用社員になりたいと考えている人はかなり多いのが現実だと思います。ただ、相当に頑張っているのに正社員としての転職が叶えられないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人に執着し、応募しない人も少なくないでしょう。もしも、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員募集の会社の中には成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身が図れることもあるからです。面接を受けた時に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを尋ねておくと人生設計にも役立ちます。

  • 転職をする場合絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書に関してです・・

  • 再就職しようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書についてですが、大方、パソコンを用いて作成するのが一般的です。現在の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなくペンを使って作成するということが当然だと思われることも多々あるようですが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートに関してであって、実際には、転職においては履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとまでは言えません。自筆の履歴書の方を高く買うところもありますけど、違うところがずっと増えてきているようなので、パソコンで作成した履歴書や職務経歴書でも大丈夫な場合は意外にもかなりあるのです。

  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法とかの関係で不本意にも長い期間働いた派遣先の会社での就業を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣の就業先で正社員の待遇をつかんだ方もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事の実力とは関係なく派遣先の上司への媚びへつらいが得意な方でそのおかげで採用されたみたいです。仕事を行う能力よりもおじさん転がしのスキルが大切なのだろうと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の会社でいつも不満をたれています。

  • 転職のための面接にある会社に赴いたときのことですその日に限って…

  • 転職時の面接にある会社に向かいました。会社の会議室が空いておらず外部の場所で面接官との待ち合わせをして採用面接が行われ、その場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が私と同じ。ですから電車の中においても面接官と一緒に会話をしながら帰宅することになって、結果として緊張がなくなり面接よりお話が弾み、それが功を奏したからなのかなんとか採用を手に入れることができました。

  • 数年前の求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで書かれていました。

  • 以前は求人誌では、募集要項の中に「性別」が、もれなく記載されていました。けれども1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をあってはいけない事が決まり、応募条件の概要に「性別」の表記ができなくなりました。それでも、募集側は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って実は男手を希望の案件に募集に女性がやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。仮に、「女性が活躍している職場です」とアピールする案件では、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておくべきです。

  • 転職を行うとき、はじめに、ハローワークの求人票を閲覧したり・・

  • 転職活動を始める場合、まず第一に公式ホームページ、求人票、パンフレットなどでその会社のことを調査するのですが、ところが、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントが主導している場合が多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ言いがかりをつけて辞めさせないように考えています。いわゆるブラック企業に多い例です。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐ…

  • とある古物商のお店で、書類選考をパスしました。2、3日して相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、始終驚くほどだらしない態度を見せられ、なんとか面接を終えました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、私から問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そこでまた問い合わせたところなんと、「残念ですが不採用」ということで、その直後、電話を切られてしまいました。呆れ果ててしまいましたが、ハッキリ言って、採用されなくてよかったです。

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される案件が豊富なため、…

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される案件も多いため、気に入った2~3社を、ウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、あとは条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることができます。ですが、はじめは登録するのにそこそこ時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、最初の段階でしっかり準備することを心がけてください。

  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、現在、資格を取得したい…

  • 私は20代で転職を2回経験し、いまは資格取得のために「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務とは異なるため、手取りは安いのですが、しかしその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。学生のときにいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際に、そういった人を見る度、かなり羨ましいと思います。前の私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じていましたが、しかし今は、結婚をキッカケに私の生活環境もかなり変わり、その中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。