転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。所属する会社がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合があります。このとき、「失業手当」の金額は、会社で最後の勤務月の給料をもとに失業手当の支給する額を計算するので会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、将来の進路がハッキリしているのなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。相談という形で話せば上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私もそういった経験があり、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨をはじめに直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。希望ではちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底なんだか困ってしまいました。

  • 転職の面接において企業側からクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもあります。しかし、…

  • 職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズで伺うのは悪い印象を与えるのでは?と考えてしまいます。そういう悩みを背負いこんでいる方においては、クールビズを指定された面接時は言われた内容をそのまま実行したほうが正しいです。悩みすぎて、すごく汗がでる時期にスーツを着用すると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズで来てくださいと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。なお、今の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 派遣先の会社が決定しました。勤務1日目に営業の担当…

  • 派遣として働く会社が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している人と就業場所に近いコンビニで待ち合わせをしたら、コンビニエンスストアの前にいないので中にいるのかもしれないと考え店内に入っていったら、彼はなんと雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな担当者の仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと思って、挨拶することもなくこっそりとコンビニの外へ出てすぐに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • 就職活動をするにあたっては、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 転職をするに際しては、ウェブ上でのエージェントを利用する手もありますが、仮にそういった業者に登録し、幸運にも新しい仕事を見つけることができた場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには失業保険とは無関係なので気を付けるべきです。これと違って、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職した場合は、就職に備える準備金として、一時金が支給されます。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて知らないでいると、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、注意が必要です。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動における最後に残る壁として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、現在勤務中の企業が退職を慰留するというのもありがちなケースです。仮にそうなったとしても、絶対に退職をあきらめない、という強固な気持ちを維持することが必要といえます。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくります。そのあとで、決定権のある上司と相談し、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社を目指すのも就職活動において必要でしょう。

  • 看護師でありながら違う職業に転職する原因は人それぞれです。

  • 看護師の他の仕事に転職する理由はその人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師が他の仕事への転職には「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって出産と子育ておまけに家族の介護など、環境のさまざまな変化など、今までと同じようには仕事が難しい」「現在の給与体系に不満を感じている」というような問題が考えられますね。しかしながら、転職を決断する前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めて静かに再度、現状認識をしてみることもしてみてください。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」ともう一度考えたうえで決断しておくと間違いありません。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、入ってすぐに…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、少ししか仕事もしてないのに退職を選択してしまう人が思いの外多かったりします。何故そうかと思うと私の考えをいうと気持ちも新たに、新たな会社に飛び込んだものの、「自分の期待していた職場とおかしいと思うほど違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」という感じで別の仕事を探すみたいです。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、やはり、転職先の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与システム、など多角的に前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 求人についての情報を見てみると、まともな職場では月の給与がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人情報には大部分の職場では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。でもこの月収の項目を見る時には、深く確認する事が大事です。数値だけで判断してはいけません。そのわけは場合によっては、月収の額の中に「毎月30時間分の残業」が含まれているかもしれません。何が問題かというと残業代を入れることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている場合もあります。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいるケースもあるんです。だから、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。

  • 転職の活動を効率的にやっていくには、ゼッタイに自分…

  • 転職をするための活動をしているときは、なにはともあれとにかく自分自身の内心が沈着であるということを大切にしましょう。働きながら転職をする活動される場合は、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職後にする際は、人というものは心が焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、冷静になりつつ、活動してみましょう。自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そして、実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に見極めましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 転職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業であれ・・

  • 再就職の際の面接では、零細企業クラスの場合ほとんどは「人事」が面接担当になりますが、それ以外にも例えば、一緒に仕事をする現場の担当者、要するに部長や課長などの管理職が面接を担当する可能性もあります。とりわけ事務系や営業系などのジャンルでは、資格を通じた具体的なイメージはありませんので、なんといっても自分という人物を売り込んでいくことが大事です。面接官から「この人はハッキリ主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

  • 派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。ウェブサイトの中で気の向くままに自分にぴったりの仕事を探して確認したところ「その仕事はすでに他の方が採用されました」と断られてしまい一時的にサイト上からも仕事の情報が消滅するのですが、翌日見るともう一度載っています。それって結局は私だとよくないのってことですよね。そういうことであるならばカドが立たない程度にはっきりと言ってくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。はたまたひょっとして偽のお仕事なのでしょうか?

  • 私が求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

  • かつてはかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルにおいても驚くほど様々あってほとんどはいまいちなアドバイザーばかり。こちらは人生かかっているのにもっと心して臨んでほしいという気持ちが募ってしまいました。それが理由で自らキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためにはコストもかかりましたし勉強の面に関してもとても大変ですが、お仕事を探している人から頼みとされるように頑張っています。

  • 転職先で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職したい会社の会社見学ができれば、とても勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社ではスキルを近くで見られるので楽しくなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、本来の働き方を見せてはくれないものです。もっとも顕著なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この業種では、個人のプライドが強いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えません。そのため、見学だけの仕事だと決めつけないことが良いです。また、見学時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、注意しておくべきです。入社していない段階では仮に何かあっても、保証が一切ないため、スタッフから勧められてもやんわりと断っておくようにしましょう。

  • 将来的に、確実に考えなくてもできる作業は機械に入れ替わ…

  • これからの社会ではみるみるうちに簡単な作業は機械によってそして、そういう仕事をするマンパワーは少なからず削減させられてしまいます。というのは、単純労働については、人間が作業するよりも機械でやったほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を延々と反復したりすることは機械にはへっちゃらです。人間とは違って愚痴も言わず、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、それを均一化できます。さらには、賃金が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、労働力として人を使う理由が到底無いため、機械化の流れは当然の流れなのです。

  • 新しい就業先では「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。とりわけ入社した初年度は、ほぼほぼ「試用期間」を含んでいる企業も多く、自分の転職して新たな仕事をした時は、やっと手にした職場だったものの、前の会社での稼ぎとほぼ同じということがありました。さらに、業務内容はきついうえに、とても責任のあるもので、初年度を乗り越えるのに本当に骨が折れました。そうした経緯から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できるだけ転職する以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。