長く接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとると共に立ったままで行なわなければいけない仕・・

長きにわたって接客業で勤め続けてきましたが、年齢的に…

ずっと接客業で働いていたのですが、歳をとるにつれ立ったお仕事は体力的に難しくなり、オフィスワークへ転職することを視野に入れて活動をしました。事務の経験がない場合けっこう厳しく、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格して個人のクリニックに転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業時代より帰宅時間も遅いのですが、今はキャリア形成の時期と受け入れ頑張ります。

新卒で入社した会社を去り、転職することになりました。

新卒採用で入社した会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。実際に転職する前は、長い間悩んでいましたが、でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動を通して気付き、無意識のうちに悩みは消えていきました。また1回転職したことで徐々に精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を再確認できて楽しくなりました。いまだ「辞めることが悪」といった考えの方も、もちろんいますが、私の転職活動は転職をやって良かったと思っています。

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もあります…

昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職を検討する際は、大切なのはタイミングです。基本として、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、不服に思っている点を少なくとも5、できれば10個ほど、書き出してみてください。そうしておくと、再就職を決断することです、そしてあなたが、いつか決断した時には尻込みすることなく、良い職を手に入れられるように頑張ってみましょう。

再就職をする際でおいてほとんどの人が質問されるのが前職を退職し・・

転職する場合の面接でだいたい追求されることが前の職を辞職した理由についてです。この質問になった場合には話の内容を前職のことにしない方がベストです。辞めるに至った経緯にスポットを当てるとほぼ確実に悪い面を伴った面接に進んでしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、どうして前の職場を辞めたかという点をこの職場に必ず入社したかった理由があるという話の中身に進めていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、その会社の内容であればマイナス面を消し積極性を前面に押し出した前の職場を去った理由になります。

これから転職やることに当たっては、現在の職場の何に不満を感じているのかを…

いよいよ転職することを考えているのなら、今の業務や業務での納得いかない部分を洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満が大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「存在する職場の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことが可能です。

クールビズの服装で再就職の面接にチャレンジするときに・・

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接会場に行こうとするときには、いくらなんでジャケットまでは着込まなくても安心であると言えるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが良い印象を与えます。ネクタイの着用はなくても大丈夫だとしている会社もあるケースもあるにはあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズだろうと身だしなみとしてすべきだとする会社がまあまああります。ですから、例えクールビズが許可されていてもネクタイだけはつけて面接した方が印象が良いというのはわかっておいてください。

安定的な暮らしを願って正規の雇用社員を狙っている…

安定した暮らしを手に入れるべく正規の社員として働くことを念頭に置いている人がかなり多いと思います。けれど、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに中々正社員として採用されることが難しいこともあります。非正社員の求人を見たとしても、正社員の求人募集以外には目も通さず時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。万が一あなたが、正社員としての転職が難しいのなら、非正社員の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員を募集している企業であっても、成果次第で数年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップできることもあるからです。面接の最後に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを聞いておくと将来のプランも組みやすくなります。

転職をしようとする際に準備する必要のある履歴書や職務経歴書において…

再就職する際に必ず書く履歴書に関してですが、原則的にはパソコンを活用して作成するのが大多数です。今の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で作るというのが一般常識と思われることも多いですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトやパートの時であって、実は、転職をする時については絶対にパソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書の方を評価する場合もあるようですが、そうではない時が徐々に増えてきているようなので、パソコンで作られた履歴書でも良いとする会社は意外にも、けっこうあるのです。

派遣で就業しています。派遣法の関連で残念なことに長くお世話になっ…

派遣社員として働いています。労働契約法の関連で残念なことに長期間働いた就業先での仕事を終了しなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で働いている会社で正社員の地位をつかみ取った方もいるのですが採用された理由としてははっきり言うと仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらいがうまくてそれで採用された気配。業務処理能力より上司正社員転がしスキルが大切なのかなーと抜擢されなかった別の派遣の同僚と文句を言う毎日です。

転職の面接を受けるためある会社に行きました。

転職の面接を受けるため希望先の会社へ伺いました。その会社で部屋が空いておらず外部のある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、驚くことに自宅最寄駅が同じ。それで電車内でも面接担当者とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることになって、おかけでお互いリラックスして面接の時よりも込み入った話ができて、それが原因か運良く採用を勝ち取りました。

一昔前の求人情報では、雇用主の希望する「性別」が記載されているのが普通でした。

昔の求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」がしっかりと記載されていました。ところが現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけない事が決まり、応募条件の詳細に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった変化があるものの、求人を出す雇い主としては、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って実際は男性欲しい業種に女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。求人情報で女性活躍等といった内容なら、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いでしょう。

転職を行うとき、あらかじめ、ウェブ上の求人サイトを見たり…

転職を行うとき、予め、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社をチェックするとは思います。しかしながら、その会社が情報を公開する際には、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。仮に公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、あれこれ理由をつけて退社できないようにしようとします。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

とある古物商にて、書類審査を通過し相手方から面接の日時を指定してもらいました。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、終始やる気のなさそうな態度を見せて、なんとか面接を終えました。が、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、ガマンできなくなり、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方なくまた問い合わせたところどういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直なところ、不採用でよかったです。

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載数も豊富なので、…

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される数も多くなるので、だいたい2~3社ほどともかくウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、次に条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。だとしても、最初だけは登録に苦労するので登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは時間がやや必要ですし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後々のためにも、初めの準備を怠らないことを心がけるのが得策です。

私は20代で転職を2回経験し、いまは資格を手に入れたいので…

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、そして今、資格取得のため、「派遣社員」を選択しています。フルタイムの勤務でないため、給料が以前よりも少なくなりました。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。もっと学生の頃に資格を取り、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、そのような方たちを自分もこうなりたかったと感じたりもします。以前の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、悩んでしまうこともありました。しかし今では、結婚して生活環境も大きく変化し、前よりも明確にやりたいことを見つけたので充実した日々を過ごせています。

転職をするならば、当然やりがいのある仕事をすることも大事だけど…

転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいアップと一緒にそれだけでなく手取りのアップも重要なポイントになるから「年収比較サイト」というところに登録して事前に研究をしています。全く同一の会社でそして同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって大きく違いがある場合も多くて、正直なところ面接の時質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人について予想できるのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

この頃では、株・不動産投資などといった不労所得や個人事業、起業・・

今のご時世では、株式・不動産投資などの不労所得で収入を得たり、個人経営 といった生き方も増えています。そのような社会的変化もあり、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長時代には、自営業者よりも雇用されて働くほうがずっと将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように社会に認識されていました。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」といった名称で言い表されています。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。