転職の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが・・

再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよ…

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズでもOKとと言われることがありますが、なかには、クールビズで面接に行くのは本当は失礼なのでは?と思ってしまいます。そういうことで悩みを感じている方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズで来ても良いとされた面接なら、伝達事項をそのまま守った方が安心です。色々迷うことによってしまい、暑い季節にしっかりとスーツを着ると不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。
  • 就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。もし、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、すぐに退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう
  • 派遣のお仕事が決定しました。勤務初日に派遣会社の営業の担当の方・・

  • 派遣会社でのお仕事が決定しました。勤務初日に派遣会社の営業担当者と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたところ、約束の店の前にいないので中にいるのではないかと思いコンビニの中に入ってみると、あろうことか雑誌コーナーの前に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当の方のお仕事なんて絶対に無理と考えて、声もかけずに気付かれないように店の中から出て速攻派遣会社に辞退の連絡をしました。
  • 転職活動をするとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 就職活動をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使うこともありますが、もしその種のところに登録し、めでたく仕事に就くことができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職しても給付してもらえないので覚えておきましょう。これと違って、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就業のための準備金として一時金を受け取ることができます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。これを知らない場合は、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。
  • 転職活動における最後の難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、今勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、現在勤務している会社があなたを慰留するというのもよくあることです。そういったケースでは、絶対に退職する、という強い意思を保つことが大切といえます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきましょう。その後、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。
  • 看護師という職業の人のそれと違う職業に転職を決断する原因…

  • 「転職しよう」と思う原因はその人それぞれです。どういう理由が多いかというと転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚で家庭環境の変化によって出産・子育てそれから親の介護など、いくつかの環境の変化など、働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような理由が考えられます。でも、それでも「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めて静かに客観視してみることも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、少ししか仕事もしてないの・・

  • ちょっと前に転職したというのに、あっという間に退職してしまう人というのも結構多いものです。気持ちも新たに、転職先の職場に飛び込んだものの、「自分の期待していた職場とだいぶ違っていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」という原因で別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、まずは情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、などあれこれ事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 求人関連の広告には、ほとんどの場合、たいていの株式会社では…

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、大部分の会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの部分を調べれる際は、深く確認する事が必要です。その数値だけでわかってしまわないようにしましょう。何故かというともしかすると、月収の中に「毎月10時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。残業代を入れて良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。ですから、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。
  • 転職をする活動をしているときは、なにはともあれ何よ…

  • 転職をするための活動をしているときは、ゼッタイにあなたの内心が沈着であるということをとても重要視しましょう。今の会社で働きながら転職をするための活動をする場合はそれほどないかもしれませんが、退職をした後にする際は、やはり心のうちが焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静に活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが矛盾していないか、徹底的に確かめてみましょう。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 再就職をする時に受ける面接では、小企業であれば、概ね「人事」が面接担当になります・・

  • 転職希望者が受ける面接では、中堅企業だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外のケースもあるはずです。例えば、これから仕事をすることになる担当者、要するに中間管理職である部長や課長が面接の場にいることも珍しくありません。特に、事務職や営業職といったジャンルでは、資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいですから、結局のところ自分をアピールしていくようにするべきです。担当者から「この人は、堂々と発言してるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。
  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。ウェブサイトの中でなんとなく条件のよい仕事を発見して問い合わせたところ「その仕事はもうすでに別の方で話が進んでいます」と答えられ瞬間的にウェブサイトの中からお仕事の情報がなくなるのですが、翌日にそのページを見ると再掲載されています。ということは要するに私ではダメだって意味ですよね。そういうことであるならばトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとも客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 自らが仕事を探していた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーの質においても本当に色々でたいていの場合、満足できない感じるアドバイザーばかり。こちらは人生かかっているのにもっと真剣に向かい合ってほしいという落胆した気持ちがこみあげてきてしまいました。その事がきっかけで自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーの資格の取得はお金もかかったし勉強においてもとてもハードですが、就職活動の際にあなたが担当者でよかったと言ってもらえる人間になるべく努力しています。
  • 転職しようと考えている会社で見学しておけば、たいへん参考になります。

  • 転職したい会社での会社見学に参加すると非常に参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。しかし、「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、いつも通りの仕事現場を見せてくれることはまずありません。特にその傾向が強いのはずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社してからでないと、実際の姿はわかりません。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことが重要なのです。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですし、ハッキリ言うと「論外」です。入社していない段階では問題が発生したとしても、それに対する保障も一切ないので、仮に、勧められてもていねいに断っておくようにしましょう。
  • 私たちの社会的環境において、将来、簡単な作業は機械で対処されるようにな…

  • 将来、私たちの社会的環境において着実に思考を必要としない作業は機械化に置き換わってその結果、そういう仕事をする労働人口は少なからず削減されます。なぜなら短絡的な仕事は人間の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが数段にすぐれているからです。例えば、数量を計測したり、同一の手順を繰り返したりすることは機械では当然何の苦もありません。人間とは違って泣き言を言わないし、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。さらには、報酬も発生しません。こういった点から、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械に置き代わるのも当然といえます。
  • 転職の予定があるのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社した年度は、大概研修期間が含まれているというのがあります。自身の転職では、なんとか新しい職を見つけることができたのに、前の職場での年収とほぼイコールでした。そればかりか、仕事はとてもキツく、立場上、責任重大で最初の1年は、ひどい状態でした。そうした実体験から1年目は、仕事を覚える時期として捉え、極力転職前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、転職前に資格を取得することでステップアップできます。

  • 転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取るのがおすすめです。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事も探しやすくなります。ですので、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストな時期といえます。もしあなたが将来を見据え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も前向きに次に進めるはずです。それにプラスして、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、面接官に「即戦力」と見なされ、それまでの職場より待遇アップも期待できます。
  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備は不可欠です。

  • 転職活動には、然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。けれども、現在の面接については、形式ばらない服装が多い企業があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて出向かなくても良いでしょう。創業してすぐの歴史のない企業ほど、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。さらに、私服を見せることで面接時に、洋服について、相手との話が広がる可能性もありますから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。ですので、転職する際は、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。