古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが・・

古来より”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、…

  • 日本には”石の上にも3年”という教えがあります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」は当たり前になりつつあります。でも、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと職を変えようとするのはキケンです。再就職するにはまずは良いタイミングを図る必要があります。必ずや今現在の職場、仕事について全般的に、何が不服なのか、何が不適なのかをおよそ10個、リストアップしてみてください。そうしておくことで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したらできるだけ手早く、良い仕事を手に入れられるように頑張ってみましょう。
  • 再就職をする際に面接で高い確率で追求されることが会社を辞・・

  • 再就職をする場合で行くと必ずと言っていいほど尋ねられるのは前に働いていた会社を辞職した理由なわけです。この質問に答える時には話の内容を退職した会社にしない方が好ましいです。前職を退職した理由が話の中心になると必然的に良くない面を含んだ話になってしまいます。ポイントとしては、どうして前の職場を辞めたかという点をこちらの会社にどうしても入りたいと思っていたからといった感じにすべきということで、自己アピールもかねて今面接に来ている会社に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであればマイナスではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った理由に変えることが可能です。
  • 明日からでも転職することを予定しているのなら、今の仕事や業…

  • 来週からでも転職をするのなら、直近の仕事・業務の何に対して不満を感じているのかをリストアップしてみる必要があります。元々不平が限界に達しているから転職しようと思われているはずです。でも「しっかりと現状である職場・業務の客観的に考えた満足できない点を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を抑えることはできるでしょう。
  • クールビズ(軽装)で転職の面接にチャレンジする際には・・

  • クールビズ(軽装)で転職の面接に行く場合、ジャケットはさすがに羽織って出向くことはないと間違いなく分かりますが、ネクタイは面接では着用しているほうが良い印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイもジャケット同様になしで良いと考えている会社もある可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイだけはクールビズであろうと必ず着用して行く必要があると思っているところがいくつかは存在します。なので、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が印象が良いというのは分かっておいてほしいです。
  • 安定的な暮らしを願って「正社員」として働こうと考えている人…

  • 安定した生活基盤を欲しがり正規の雇用社員として働くことを意識している人が多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員としての転職活動そのものがうまくいかないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人情報はたくさんあるのに正規雇用の求人情報以外を見ないで時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。しかしあなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の実力によって、数年で非正規雇用から正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと将来のプランも組みやすくなります。
  • 再就職する際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書についてですが…

  • 再就職しようとする際に絶対に書く履歴書や職務経歴書についてですが、基本的には自筆ではなく、パソコンで作成するというのがほとんどです。今現在の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で作成するということが常識と思われることもよくありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際には、転職については手書きじゃないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の方を評価する企業もありますけど、そうじゃない会社がずっと多くなってきているので、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でも良い会社は意外にも、けっこうあるのです。
  • 派遣社員として働いています。労働契約法により否応な・・

  • 派遣というかたちで働いています。労働契約法の関係で不本意にも長期間勤務していた派遣先での仕事があとわずかで終了します。派遣仲間の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用のポジションをつかみ取った方もいるのですが採用された理由としてははっきり言って仕事ができるわけではなく派遣先の上司の扱い方がうまくてお引き立てがあった様子。仕事ができるかどうかよりもおじさんにゴマをする能力の方が大事なんじゃないのと派遣仲間の友人と職場でいつも文句を言っています。
  • 転職時の採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職時の採用面接にとある会社に赴きました。たまたまその会社の会議室が空きがないというわけで外のある場所で会社の人と待ち合わせて面接をし、そのまま解散して、面接担当者も会社には帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。結局は電車の中でも面接を行った人と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰ることとなり、結果として緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが功を奏したのか幸運にも採用を手に入れることができました。
  • 何年か前までの求人情報には、雇用主が必要とする人材の「性別」ま・・

  • 昔の求人情報では、必要とする人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。ですが、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、採用において、男女の差別がしてはならないルールができて、募集要項の概要に男女の性別を記載しないようになりました。しかし募集情報を出す企業側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。そんなわけで、男性を希望の案件に募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍している職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と考えると良いでしょう。
  • 転職を行うとき、まず第一にインターネット上で求人サイトを見たりして…

  • 転職活動を始めるにあたっては、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして転職候補先の会社をチェックするでしょう。当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。その種の会社情報や社員のインタビューについては、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、言いがかりをつけながら会社を辞めれないように策を練ってきます。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。そ…

  • とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について先方から連絡をもらい、それなのに、当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、だらしのない態度で迎えられ、かろうじて面接は終わりました。でも、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、いてもたってもいられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方なく再度連絡をしたところ、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて何も言えませんでしたが、不採用で良かったと思っています。
  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載され案件の量も多くなるので・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが豊富な量の求人情報が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、ともかく転職サイト登録しておき、年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初は登録するのがなかなか大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする初回時は多少時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初めの準備を怠らないことを心がけましょう。
  • 20代に転職を2回経験し、今現在は資格取得のため、派遣社員として企業に採用されました。

  • 20代前半に転職を2度行い、現在、資格取得のため、派遣社員として働いています。フルタイム勤務とは違うので毎月の収入は安いのですが、ですが、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、資格を活かして働いている方に会うと少し羨ましさを感じたりもします。前の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまう日もありました。しかし現在は、結婚を契機に随分と生活そのものが大きく変化し、以前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 転職を行うにあたって、当然やりがいのある仕事をすることも重要だけ…

  • 転職ならば、当然やりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれに加えて賃金が上がることも重要なことなので「年収比較サイト」に登録して事前に調査をしています。同一の会社でその上一緒の職種、経歴なのにずいぶん人によって違いがある場合も多くて、正直に言えば面接の時質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いたのは誰だかそこそこは予想はついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。
  • 近頃、株式・不動産投資の不労所得、または個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 近年では、株式・不動産投資の不労所得のほか、独立や起業で頑張っている人も増えています。そういった社会的変化に伴い、「会社員以外の道はキケンだ」といった常識も変わってきています。高度経済成長時代には、先の見えない株式投資や自営業よりも組織の一員として働くほうが将来が安定していて、人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていました。そのような時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」といった名称で表現されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。
  • 「転職エージェント」では、登録後、しつこく電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、かなりビックリするかもしれません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが目的とされるので、大変積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが多々あります。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすかさず、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。
  • 転職を考えている時にチェックすることになる募集内容は…

  • 再就職を考えている時にチェックすることになる求人情報というのは、参考程度に、アバウトに掲載されている、という可能性があります。そのため、掲載されている内容は100%正しいことだとは安易に信じるのはやめておいたほうが賢明でしょう。とりわけ生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?といった読みができない人はたくさんいて勝手な判断で考えてしまうと、後から後悔する事もあるでしょう。そんな訳で、嫌な思いをしないために、求人に記載されている情報は一般的なものだと思って、そういったようなたいへん重要なことは会社の方に直接連絡を取るのがベストでしょう。