自分の好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食店に勤めていたことがあります。そのお店での業務内容は、そのお店で任されていた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係にとても悩まされました。ということが引き金となり、仕事をやめましたが、同時に、好きだった食べること、そしてその飲食店で扱われていた食べ物さえも苦手になり、類似の飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた当初、好きだった店が嫌いになってしまいました。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思うのは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、もう一度向き合ってから行動するべきです。
  • 職を変える時に必要なスーツの色においては、新卒の学生が就職活動の際…

  • 仕事の面接で着るスーツの色に関しては、新卒の方が就活の時に着るカラーが安全です。具体的に言うと、黒や紺色といったような暗めの色になるわけです。転職のケースにおいても、着用するスーツの色合いは新卒の就活の時のようなダークカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の転職者は圧倒的に少ないです。他のカラーで言えば、まれにグレー系を着ている人がいるくらいです。ほぼ紺や黒のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う採用担当の人も黒や紺色であるほうが違和感なく見えます。ですから、身だしなみ、という面においては推奨したいわけです。
  • 仕事をするにあたって精神的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況となったなら…

  • 仕事によって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、相談するのは職場の人でなく身内などの近しい存在の人と相談し、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜかというと、仕事をするということは自分のためでもありますが、身内の問題ともいえます。どんなに高い報酬を得られたとしても、精神がダメージを負ってしまうまで無理して仕事をするのは良いはずがありません。現代は、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを重視する生き方も徐々に認知されつつあります。ですから、あなたの身内と自分の体を大事にしましょう。
  • 転職を予定しているのなら現在働いている会社を退社する・・

  • 転職の際に今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自分の都合により退職願を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社の1日後からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってそれが原因となりハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。ですが、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 転職するときには、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思います・・

  • 転職する際は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、裏を返せば、ウソの書き込みであれば会社側が気にする必要は無いと言う事になります。ですが、本当は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく火消しをしよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないとみなしていいでしょう。というか、本当に善良な会社であれば煙は立ちません。
  • 今現在の自身の仕事や勤め先に関して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 今の自身の職場・仕事内容について不服に思っていることの中に、「自身のスキル・能力が正確に評価してくれない」そして、「給料はアップしないし、昇進の見込みもない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の器量を過剰評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と再就職先がまったく見つからないことになりかねません。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから転職に当たっては実際の自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。
  • 転職を視野に入れているなら労を惜しまず頻繁に会社の採用・・

  • 転身を検討しているのなら、まめにさまざまな企業の募集案内を日常的に調べておくと再就職時の選択に役立ちます。あなたが今現在の職場になにか納得のいかない部分がある場合、転職活動を開始したとき、どこの会社もいいように映ってしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社を選択するべきか、困ってしまいかねず、判断を誤る可能性が高くなります。ヘタをすると、早々に不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引している会社情報を開示していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前をチェックして、内容を確認してみてください。
  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(あるいは業種…

  • これから先、転職活動をするのなら、良いと思える求人(または業種)を見た際に必ず「〇〇業、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス部分についてアドバイスはないものと思っていてください。もしブラックな面があるなら簡易的なインターネット検索によってカンタンに実態を知ることができます。そういう現実を知らずに会社に入ると、あとからしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイから人が辞めて穴が開く」というケースが多くを占めるため、興味をもった案件や業種については、注意したほうが賢明です。
  • 大手転職エージェントに限って、いろんな案件を扱って…

  • 大手の「就職エージェント」ほど、潤沢な案件があるという強みがありますが、一方、転職を希望するライバルもたくさんいます。それがためにあなたが、気になる企業を探し出しても、そのエージェント担当者が可能性が低いと判断すれば応募してもらえないこともザラですし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先しやすいのです。要するに大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりなかなか難しいので、中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか、と相談しておくと転職希望者のために動いてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。
  • 転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された時、…

  • 再就職での面接などの時に担当者に名刺を渡された時、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきか?と対応の仕方に迷った場合は、基本的には渡すことはないと思っておきましょう。転職のための面接というのは仕事の一部ではなく、職に就くための就職活動の一環なわけですから、一般的に名刺をやりとりする時間とは異なります。それに、あなたは会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては、ただもらうだけでよくて、相手に渡す必要性はないと判断できます。
  • 失業保険の給付に関して、「就職活動」していることが必要なのです。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」していることが必要なのです。そうだとしても、現実的には「会社に行かなくてもいいし、少しの間でものんびりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。ですので、きちんと求職活動をしているように見せる方法があるので紹介しましょう。毎月の「ハローワーク」での面談は当然ながら必要ですが、「求人票」をチェックすることを最低限やっておきましょう。本腰を入れて探す気が無い時には、「求人票」だけ目を通して、ハローワークスタッフとの面談時、「自分がやっていけそうな仕事が意に反して確認できませんでした」と相手に言い、次の機会を探すというやり方もあります。
  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。ただ、忙しく仕事をしながら求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も負担がかかるといえるでしょう。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり直接応募していたとしても、相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておくべきです。
  • 転職期間中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

  • 転職期間中は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。だとしても、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。人間というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気が付くと、仕事をしようとする気力も失い、お金に困る状況にも・・・。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、再就職先を見付けることが難しくなってしまいます。将来の決断ができないのは、もらえるお金を最優先に考えるようになるからです。給料を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。
  • 転職を考えるとき、転職後の給与を気にしすぎる人がどうも…

  • 転職というものを考える際、転職したあとの年収を気にしすぎる人がかなり少数派でもないでしょう。大半の人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与としてもらうために精を出していると思います。ですから年収の額は自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、当然大切なのは無理もありません。とはいえ、年収額ばかりを異常にこだわりすぎる人生というのも寂しい気がするでしょう。よく見れば年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。
  • 求人を見る場合、例えば、デスクワークがしたいから…

  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業を見ようとしないものですが、そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と間違って解釈しているケースもあります。事実、製造業であっても、製造マンだけでなく総務・経理と言った 人材 や資材・購買や営業管理等の事務系の職もたくさんあります。けれども、製造業の仕事場自体、オフィス街から距離があるので、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと思うかもしれません。そうだとしても、自身のこだわりを捨てることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。
  • 現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。「特許」を出した人などは、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を提出した経験がある人や、雑誌で紹介されている人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと考えられる誘いを受けたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。めったにないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、そのような会社はむろん詐欺なので、引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要はありません。
  • 転職の際に外せない面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです・・

  • 転職先での面接では、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりしていると、はっきり言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「給与システム」など、多数の人がちょっと聞きにくいことも勇気を出し率直に尋ねておくと、結果的に絶対に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった質問をすると結果が不利になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、ところが、意外なことに、プラスに作用することは最終的には可能性が高いのです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、面接応募者の多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。そこで、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。