今まで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。

今までは、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に相談していました。

今まで私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に通っていました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、やはり都会や大手の求人がほとんどだからです。なので、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に寄り添った企業が多く、とても信頼性が高いです。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」と思われている人が多いかもしれません。以外にも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もし勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークへ行って、相談するものいい案です。人気の転職サイトのようなこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。

あなたが現在、「転職サイト」を利用して自身の活躍の場が広がる…

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを利用して自らのやりたい分野のある働いてみたいと思えるような企業情報を見ているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そのサービス内で紹介してもらえる求人情報は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比較にならないほどかなり良質といえます。それから、あなたの条件に相応しいものを調査し、紹介してくれます。ですから、あなたの希望とする求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、独自の力で手当たり次第に調べていくのと比較すると何倍も効率がいいです。ですから転職を成功させる近道です。

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人…

生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても受け取れると考えている人が多数派ですが、それは間違いです。実際には、希望通りに受け続けるためには、職探しを続けている必要があり、さらには、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。毎月ハローワークの職員と話し合いをして、本気で仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月の職員との面談を無断欠席している場合は、アッサリと給付をストップされたり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために注意が必要です。

仕事を変えると、高い確率で前の仕事での美化されるものです。

転職した際には、だいたいの場合は以前の仕事のほとんどの記憶は美化されます。実を言えば今の仕事が納得できない点があるから、そういった思いを解消するためにどうにか退職を決め、転職することになったのに、しばらくして過去を振り返ると、不思議なことに「前の職場のほうが良かったかも」と思うことが増えてきます。というのは至極当然で、前職では日々の仕事を把握していて、楽に日常の業務があっさりとできていたからというのが大きい理由ですが、しかし、「やっぱり退職しなけりゃよかった」と心底感じるほど、前の会社のほうが職場の雰囲気や労働環境が良い可能性もあるはずです。

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経ったら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職したことで実感しました。私は新婚語、生活が落ちついたらすぐにでも子供を持ちたかったので、妊娠するまでの間のために1年半~2年だけ今のそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より月収は少なめでしたが、やはり時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣社員を選択しても、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうすべきか、とても困惑しています。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていただきたいポイントがいくつかあります。一般的に派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの仕事をなんとなくイメージする人がおそらくいるはずです。最初は私自身もそのように思っていました。今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、実際に入社してみると、なんと「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とはかなり違っていたので日々困っています。現在は、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

女性の転職に際して、ここ最近と数年前では若干の違いがあります。

女性が再就職するに当たって、数年前と今現在とは少なからず、違ってきている点があります。前までは面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の予定など、質問していました。ですが、今現在はそういった内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。けれども、面接する側としては、〇か×の2択でなく、その人の価値観結婚後・出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っています。自分の将来設計をわかってもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに言い表すことで、企業側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えられます。というワケで、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの側から気遣って答えておくのが良いです。

全くの未経験である業種などに転職するときには、前…

経験のない業界などに転職する際には、以前の会社で培ってきた能力やこれまでやってきたことを生かすことができるというアピールが必要です。初めて挑む人はその分その分野で経験してきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自分自身が保持しているスキルがその業種でも十分に生かすことができるということを相手に伝えることができれば、勝負になるケースは十分にあります。という訳で、経験が全くない業界に飛び込む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた仕事との関係を徹底的に探しましょう。

働いていた会社で感じの悪い上司に心をすり減らし、つ・・

就業していた会社で反りが合わない上司に憂鬱な気分にさせられ、最後には仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業者である他の会社へ転職しました。そこでは居心地よく働くことができ非常に満足の日々でしたが、だんだんと会社の業績が悪くなり、結局はある会社に経営統合されることになったのです。偶然にも経営統合したのはなんと転職前に働いていた会社で、おまけに非常に嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけ縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新しい転職活動をスタートしています。

生まれてはじめて転職をするとき、大切なのはなぜ現在の仕事を去るのかについて…

生まれてはじめて転職をするにあたって、頭に入れておかなければいけないのは現職を辞めたい理由を明確にしておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきでしょう。その上で問題改善が見込める会社を決定するのです。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を続けなくてはならないため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それがために明確な理由もない状態で転職しようとした場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動のスタートを切ることは辞めておくのが賢明です。

再就職において、比較的重要となるのがまぎれもなく「面接」です。

再就職をする場合、かなり要となるのが「面接」なのは間違いありません。通常の面接では、面接担当者が応募者に対して転職理由や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして、面接を終えるあたりで次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の方から「何か弊社に関して疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に緊張して何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に備えて、予め面接官からの質問に対する、聞きたいことを用意しておくのがベストです。よく考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知・・

転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、意地悪されるおそれもあります。また、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を去ることができます。それに、円満退職になれば、退職後であっても、何かあったとき、アドバイスをもらえるかもしれません。会社の大きさに関係なく、どこの企業も、人とのつながりは大切なので、仕事を辞める時のトラブルは、できるだけ回避してください。

大半は一流企業は「定期採用」がメインです。ですから…

たいてい大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。そればかりでなく、都会の外だとその確率は少なくなります。とはいえ製造業の企業の場合においては、地方の工業団地などを製造工場を置いていることもよくあります。そういう地方の工場は、事業分野の拡大とともに「中途採用」をしていることが多々あるので、そういった好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての予備知識を把握し、その企業のホームページをチェックし、求人の予定がないか、暇があれば確認しておきましょう。

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は所属する会社が「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。受け取れる「失業手当」の額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基に手当の額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が固いなら…

『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばこのときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。最初、直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末を区切りにしたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての心の底から呆れてしまいました。

再就職をする際の面接でクールビズでもOKとと言われる場合がありますが…

転職の時に行われる面接時にクールビズでお越しくださいと事前に連絡が来るケースもありますが、クールビズで行くのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と疑ってしまうこともあります。クールビズに関する不安を心に抱えている人たちに進言したいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接については書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。悩みすぎてしまい、猛暑の中しっかりとスーツを着ると逆に不自然ですから、クールビズでもOKと事前に聞かされたのならクールビズで良いのです。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接において、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実の年収より多く言って、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう