こうした話は友達からの話です。

こういう転職という話は兄の友達の話です。

この話は知人から聞いた話です。新卒時の就職で入社第一志望であった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、ですから嫌々ながら別の会社につきました。1年経ったぐらいに派遣の求人のサイトで奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、じっとしていられなくなりその時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣の仕事を始めて、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってのちに学生時代に憧れていたA社で正社員として仕事をすることができ、現在においては仕事のやりがいを感じつつ明るく勤務しています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを用い・・

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行う人はたくさんいます。しかし、転職の幅を広げたいのであれば、同時に転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運べばいろんな企業の情報を得ることができ、それにとどまらず、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。これから、転職フェアに参加される場合は、面接に挑戦するつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。フェアでの交流を通じて、自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して本格的な面接時にアドバンテージになるはずです。

数日前新しい仕事先を見つけようと人材会社へ登録に行きました。

転職先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに現れた担当者が見た感じ社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明をしていることの半分も彼は理解できてないようでした。おまけに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと強みを明確化しいていくべきです」等、一人前のように横柄にのたまうので非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこ仕事を経験している社員にしてほしいです。

転職活動を行うのに、まずは今勤務している会社を辞職した・・

転職活動を行うのに、とにかく会社を辞めた後でと思っている人もいるようですが、そういった場合ボーナスのことを気にしておきましょう。ボーナスが支給される企業はたくさん存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入る日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが支給された後で会社を去るというやり方も賢い方法です。ボーナスはってかなり大きな額なので、手に入れておいた方がいいとも明らかなわけですから、この職場を辞めようと思ったらボーナスについての規定と支給日をまず確認しておいた方がボーナスをもらい損ねないと思います。

在職期間中は、できるだけ社内の人間にバレないよう(私の転職活動では…

在職中は可能であれば、会社内の人に気づかれないように、(私のときは)前職中に転職の意図のみを早期に周りの人間に言ってみたことがあります。けれど、その顎、求人誌を必死に見て回ったのですが、思いとは裏腹に就職先や転職時期も何も進めていたので、ズルズル時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその傍ら、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。

退職と転職を繰り返さないためには、少しコツがいります。

転社を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。また、転職と異なる行動をする事もメンタル面は強化できます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外旅行に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、刺激を受けることばかりです。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接を行えば、これまでの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ですが、退職してすぐは、精神面が弱くなっているので、その後のために適度に休みましょう。

この頃PCやスマホを使えばインターネット上には、今では…

近頃PCを使えばわかるけどネット上には、要するに「転職に関するサイト」に類するものが数多くあります。その相当な数のサイトから自身が求めている転職先というのを探すためにも、とりあえず情報を収集することから始めましょう。こんな「転職サイト」を上手く使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。

転職活動をしている際に、面接で絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で面接時に高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。たとえば収入に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。もっとも、自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選択しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

新しい会社がいいと転職をしようとがんばっている場合は…

いい会社に入りたいと転職をする活動をする場合、「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)が欲しい」と考えがちです。が、そういう気持ちで吉報ほしさのばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、その逆で自分を能力を安く見積もった売り込みをするのはできるだけよしましょう。焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静になりつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く見極めていきましょう。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、必ず聞かれますが、その場合、どれだけ正しい意見だと思っても、「人づきあい」「働く環境」についての返事は、できるだけ話さないほうがいいでしょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスをダメにしてしまいかねません。面接では「前向き」な人柄をアピールするのが肝要で、あくまで「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが必要とされます。

新しく就いた職場でそれまでに身に付けた能力を発揮できれば・・

新しい仕事で、それまでに培ってきたスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、難なく事が運ぶでしょう。更に過去の働いていた仕事と近い業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。けれども、そこそこ実力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、今も昔も中々の競争率になることを肝に銘じておきましょう。

将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職をすることができれば、…

将来に目を向け、楽しみながら再就職と付き合っていけば、メンタル面での負担も少ないので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。そのうえ精神的な部分が元気なままでいれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。理想的なのは、やはり、休職期間を作らずに転職先を見付けることです。現在の仕事をしながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いでしょう。おまけに、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そういった形にしておくと、働いていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。

その昔は看護婦と言った看護師というのは資格としてどうして・・

看護婦と呼んでいた看護師は資格としてどうしてか女性の割合がすごく高い職です。また気力あるいは体力のかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜんのように職場の環境での対人関係で行き詰まったり、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事です。実際に、そういった問題によって転職する人が多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。常にそれぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の状況となっています。

自分のスキルや資格を活かしつつ、就職活動する際は、比較的、転職しやすい業界と…

自分のスキルや資格をふまえて転職する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を大まかに知っておきましょう。再就職が容易な業界としては、慢性的に人手不足である医療や介護系のジャンルが代表的といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、とある事情によって異業種に再就職する事を考える場合、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。したがって、安易に考えないことが大切です。異業種への転職を実際に行う際は、他の業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、理解しておきましょう。

派遣社員として働く人が現在多くなってきています。

派遣会社に登録し、仕事をする人が現在増加しています。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを可能な限り面接の際に確認しておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が大半です。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、酷い派遣業者では、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しないケースも多いです。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、その派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。

万が一あなたが、現職からの転身の決意したなら、あく・・

例えば、現職からの転身を意思を固めたなら、まったく周囲の人には内密にそれを教えないように活動を進め、現職期間中は、可能ならば同僚に気づかれないようにいつもどおり仕事をする方がもっとも堅実です。働いている間、その点を心にとめておけば、希望に沿った働き先が容易に見付けることができなくても、転身を先送りにしつつ、現在の仕事を継続してもできます。でもつい「転職するつもりでいる」と話してしまうと、周囲の人は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。「辞めるつもりです」と言った場合、周囲には「あの人は辞める予定の人」と確定します。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」という目であなたを見るため、在籍中は、身の置き所がない思いををするリスクもあるでしょう。

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件による取り締まりが強化されたり、…

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど厳罰を処する流れにありますが、完全には至っていないのが現状です。そこで、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票等に書かれている労働条件をチェックし、不安に思う項目について堂々と質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場では答えられない」というような逃げようとすることがよくあります。特に「休日」「給与」「残業」では、質問責めすると、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。