今から転職活動しようと思うのなら、今現在の職場・業…

これから転職を希望しているのなら、現在の仕事での不満に思う部…

いよいよ転職を希望しているのなら、直近の仕事の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らない点があるからこそ、転職しようと思われているはずです。しかし「ちゃんと現在ある客観的にみた満足できない点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事が容易になるはずです。

クールビズ(軽装)で再就職の面接にチャレンジする際には、…

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に行くときには、さすがにジャケットは着用していくことはないと言い切れます。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が良い印象を与えます。タイもジャケットと一緒でなくても良いと認めている会社も存在する場合もなくはないですが、ネクタイに関してはクールビズだろうと身だしなみとしてすべきだと考える会社が一定数存在するわけです。ですから、クールビズが指定されていてもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が悪い印象を与えないということは分かっておいてほしいです。

安定的な人生を送りたいと正規の雇用社員として働きたいと考えている人…

安定した生活基盤を願い正規の社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。しかしながら、相当に頑張っているのに中々正社員としての転職活動そのものが叶えられないこともあります。契約社員の求人はかなりあるのに正規雇用の求人以外を見ないで悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万一あなたが正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、働き手の能力によって2,3年で契約社員から正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを聞いておけば人生設計にも役立ちます。

転職をする場合絶対に準備する履歴書に関しては、大方…

再就職する時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書についてですが、原則、自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが基本です。現在の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで用意するというのが一般的だと捉えられていることもよくありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの時の履歴書であって、転職の場合は履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を高く買うところもあるようですが、違うところが徐々に増加してきますから、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でもよろしいケースは多いのです。

派遣として働いています。派遣法や労働契約法のおかげ・・

派遣で会社で働いています。労働契約法により否応なく、長期間働いた就業先での仕事があと数か月で終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣で勤務している会社で正規社員の待遇をつかんだ方もいるのですがそれはぶっちゃけると仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらいが得意な人でそれが採用の決め手となった様子。業務上のスキルよりもおじさん転がし能力が重要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣仲間と職場で文句を言う日々です。

転職のための採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の面接にある会社に向かいました。その会社にある部屋がすべて他の客でつまっているということで外の場所で人事部の方と待ち合わせて面接をし、その場で解散ということになり、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車内でも面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰宅することになって、すっかりリラックスして面接の時よりも話が弾み、それが良かったのか運良く採用を勝ちとることができました。

一昔前の求人誌に募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。

数年前の求人誌には、求める人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。しかし最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が採用時にあってはならない事が決まり、募集要項内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。現実に、本当は男性欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方ができます。

転職するのなら、前もって、ハローワークの求人票を見たりして…

転職活動を始める場合、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりして転職したい会社を調べるはずです。ところが、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。そういった企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りではなく、疑いながら読むべきでしょう。耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれイチャモンをつけて辞めさせないよう仕向けてきます。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。そ…

とある古物商のお店で、書類審査を通過しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、相手が面接の用意を全くしていませんでした。待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、呆れるほど面倒くさそうな態度を見せて淡々と面接が終了しました。けれど、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そこで改めて電話した結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、素直に、採用されなくて良かったと感謝しています。

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載案件も多いので・・

転職サイトはメジャーなサイトであるほど案件が多いので、興味のある2~3社を、ともかく転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、あとは条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。とはいっても、はじめは登録するのに少々手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、最初にしっかり準備することを心がけるのが賢明です。

20代で転職を2回した為、そして今、資格を取る目・・

20代に転職を2度経験して、現在は資格を取得したいので派遣社員で働いています。フルタイム勤務を選択しなかったので毎月の収入が少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、もっと学生の頃に資格を取り、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、実際、そういった成功例を間近に見てしまうとかなり羨ましいと思ってしまいます。これまでは、自分と他人を比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、今は結婚して過去と比べ生活そのものが大きく変化し、そのなかで将来の進む道も定まったので私も新たな目標に向かっています。

転職先を選ぶにあたって、やりがいのある仕事をすることも重要だけど…

転職なら、当然仕事のやりがいアップと一緒にさらに年収アップも重要なことなので「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。全く一緒の会社でしかも一緒の職種、社歴なのに人によって広い違いがある場合も多くあり、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた方も誰なのかだいたい察しがつくのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得を得た・・

この頃では、株式・不動産投資の不労所得で生計を立てたり、自営業、起業等、そのような変化もあるせいか、「会社員以外は不安定であぶない」といった見解も変わってきています。高度経済成長期の際には将来的に不安定な自営業や株式よりも雇われているほうが安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。そんな時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」などといわれます。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

転職エージェントに一旦登録すれば、何回も電話やメールをしてきます。

転職サイト一旦登録すれば、しつこく電話やメールをしてきます。これに対して転職初心者はかなり驚くことがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事ですので、とても積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業側から報酬がもらえる仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。また、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように充分に注意しておきましょう。

再就職をする際に目を光らせることになる求人内容については…

再就職を考えている時にマークする募集要項の情報というのは、基準的なものとして書いてある、という事も少なくありません。ですから、そこに書かれている内容は100%正しいものだと信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。中でもとりわけ給与の額などに関しては、全社員を平均した給料なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?といった読みができない場合が多く、適当な判断でわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをすることもあり得ます。という事で、悔いることのないように、求人に書かれている情報はおおまかなものだと思って、そのようなたいへん重要な内容は会社の方に直に連絡を取ってみた方が良いです。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。

得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食店(レストラン)に勤めていた期間があります。その飲食店での業務は、その飲食店で担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。そのことが理由で、退職することにしたのですが、その結果、大好きだった食べることやそのレストランで扱っていた食べ物さえも苦手になってしまい、似たような飲食店は今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、好きだった店が嫌いになってしまいました。大好き、を仕事にしたいと思い、実現させることは本当に素敵なことですが、しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて判断する必要があります。

転職の面接で必要なビジネススーツの色合いは、新卒の就職活…

仕事の面接で必要なビジネススーツのカラーについては、新卒の方が就活の時に準じた色味がベストです。ですから、紺や黒のダークな感じの色味になるわけです。再就職の面接においても、着用するスーツの色合いはこのようなダークカラーが大多数で、そうでない色のビジネススーツの人は少数派です。強いて言えば、まれにグレーの人がいるくらいです。全体から見ても紺系や黒系のスーツ派がほとんどを占めているので、人事担当の方からも黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前のように感じるので、第一印象という観点ではおすすめしたいのです。