生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人が…

生涯初の失業保険を受ける際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が…

失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくてももらえると思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付をもらい続けるためには、職探しを行っていなければならず、その上で、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月ハローワーク職員と面談をして、真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。因みにきちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、強制的に給付が一時停止となったり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために気をつけてください。

職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。

転職すると、大体の場合、それまでの会社の仕事での美化された記憶となります。そもそも現在の職務に自分に合っていないと感じたから、次の仕事を見つけてやっと退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、時間の経過とともに転職後の会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じることは多いです。というのも至って普通で、以前の職では仕事をこなすことに慣れていて難なくやるべき業務も消化できていたのも一番のというのもあるでしょう。しかし、「やっぱり転職するんじゃなかった」というほど、前の会社の方が労働環境や、待遇が良い可能性もあるはずです。

派遣社員になってもすぐ退職できるというわけではないこ・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年経ったら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職を経験して学びました。私は結婚し、落ち着いたら早く子供を授かりたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、約1年半~2年ほど現在の部署で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正規よりも給料は少なめでしたが、仕方ないので派遣社員という道を選びました。ところが、いざ入社してみると一緒に働く方たちは大多数のスタッフが10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていてほしい点が何点かあります。派遣社員という言葉を聞くと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった業務内容をなんとなく思った人がおそらく少なくないとは思います。本音を言うと私もかつてはそう思っていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。ところが、働き始めると、まさか抜けた正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。今はただ「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

女性の転職については、一昔前とここ最近とでは少し状況に違いがあったりします。

女性が再就職する際、一昔前と現在とは若干の違いがあるようです。前までは面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などについて、ごく一般的なこととして女性に質問していました。しかし、最近の動向としては、結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、特に大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。が実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思っています。自身の考えを知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に言い表すことで、面接担当官のモヤモヤも解消できると考えます。ですから、質問されてない箇所についても、先にあなた自身から率先して答えてみることを考えてみてください。

全くの未経験の業種などに転身する際には、前の仕事で、自…

今まで経験したことのない業種とかに転業するときには、自分が以前の業界で育んできたスキルやこれまでの経験が生きるというアピールが必要になります。その分野で経験をしたことがないという人はそれだけその分野の経験者よりも実際のところ、不利になりますけど、自らの持っているスキルがその業界でも十分に生かすことができるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になるケースは多々出てきます。ですから、未経験である分野に挑戦する際には、その分野と前の職場でやっていた職務との関係をできる限り見つけ出しましょう。

勤めていた会社で意地の悪い上司に頭を抱え、ついに我慢することができなくなりその会社は辞・・

昔務めていた会社で嫌な上司に頭を抱え、とうとうこれ以上は無理だと思いその会社を退職し、ある他の同業の会社に乗り換えました。その会社では上との関係も良好で勤務することができてとても満足の日々でしたが、徐々に業績が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることになりました。偶然にも経営統合したのはなんと以前働いていた会社で、その上とても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょう。当然もう一度転職活動をスタートしています。

生まれてはじめて転職をするにあたって、忘れてはいけないの・・

人生初の転職をする際、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについて明確化しておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その後問題を解消できるであろう企業を決定してみてください。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは違い、現在の仕事を継続しながら就職活動を行っていくので、時間と体力とが必要だと考えられます。だから理由が明確にならないまま転職をしようとしたら、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておいたた方がいいでしょう

転職時に比較的重視されるのが間違いなく「面接」になります。

転職をするときに比較的要となるのがまぎれもなく「面接」です。ふつうの面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職理由など色々なことを質問されると思います。そして必ず、面接終了の直前に面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問をされたとき、答えを用意しておらず、慌ててしまうと思います。そうならないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの質問に際し、質問の内容を準備しておくと良いかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

もしも再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう・・

もしも転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、避けるために現在の仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに仕事を辞められます。さらには、円満退職となったなら、辞めた会社にあなたが何かあったときに相談できるはずです。会社の大きさに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大事なので、辞める際のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

たいていの場合は大手企業は定期採用中心で、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。

たいていの場合は大手企業は定期採用中心で、転職で入る事はとても難しいものです。しかも都心を離れるとそのチャンスはとても低くなります。ただし、「製造業」の企業あれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに運営していることが少なくありません。また、そういう工場は、事業分野の拡大とともに「中途採用」をしているので、この好機に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、希望する企業の情報をチェックしておきましょう。公式サイトに訪問し、スタッフの募集予定はないか、ときどき確認しておきましょう。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら・・

これから転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておいた方がお得です。所属する会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の会社都合や残業時間によってはただちに受け取れることもあります。ちなみに、支給される「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の給料を軸に支給する額を計算するので現在の会社に繁忙期や閑散期がある方は繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、未来の進む道もハッキリしているのなら・・

『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたいということを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。予定としては、年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと心の底から信頼はなくなりました。

転職時の面接に関してですが会社側からクールビズでも大丈夫です・・

転職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと言われることがあります。しかし、クールビズの格好は減点対象になるのでは?と考えてしまいます。そういうことで悩みを背負いこんでいる方においては、クールビズで良いとされた面接に関しては書かれている内容を素直に聞き入れたほうが大丈夫です。色々迷うことによって、暑苦しい最中スーツを着込んでいくと相手に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズ可と書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。面接の際、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。本当の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、もし一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。仕事の1日目に営業を担当している方と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、彼がなぜか約束の店の前にいないから中にいるのだろうと考えコンビニエンストアの中に入ったところ、担当者はあろうことか雑誌コーナーのところで座りいかがわしいグラビアのページを開けて読んでいるのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと思って、その場で声をかけずにこっそりとコンビニの外へ出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

転職活動をするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

職探しをするにあたっては、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるかと思いますが、あなたがそういった業者に登録し、めでたく仕事に就くことができた場合でも、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付を受けられないので注意する必要があります。なお、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたのなら、就職の準備金として一時金が支給されます。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このことについて知らなければ、失業中にお金がもらえないことになるので就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。