昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

  • 先週転職のために人材会社へ登録に行きました。登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当者の雰囲気が見たところ経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の50%も理解ができていない模様。それなのに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくべきです」等、一丁前に横柄に話すのでとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はある程度仕事を経験している社員にするべきだと思います。
  • 転職活動を始めるときに、とにかく勤務している会社を辞めて…

  • 転職において、まず働いている会社の退社手続きを終えてからという考え方もありますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスをもらえる日について見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業はたくさんありますけど、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをもらえる日まで少ししかないのなら、支給日を待って退職するという方法もおすすめです。ボーナスってある程度大金なので、もらわないのはもったいないとも明らかなわけですから、転職を考える時にはボーナスが入る日を確認するのを忘れないようにするのが賢明な方法です。
  • 就労期間中は、出来るだけ気づかれないように、(ちなみに私のとき…

  • 雇用期間にあるときは、なるべく同僚に気づかれないように、(自身の転職活動では)就労期間中に転社する考えを早いうちに同僚に話して、反応を見たことがあります。けれども、その後に求人情報を散々色々とチェックしてみたのですが、結局は就職する転職時期さえも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラと時間が過ぎてしまいました。そして当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

  • 転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるので精神面を強くするための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そして、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えさせてくれます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、その後のために休暇も必要です。
  • どうもPCやスマホを使えばわかるけどネットのエリアに…

  • いわゆるスマートフォンを見ればネット上では、要するに「転職のためのサイト」に類するものがかなりの数存在しています。その相当な数のサイトから自分が欲している転職先と思えるのを見つけたいなら、まずは情報が大事ですから収集が欠かせません。このような転職サイトをきっちり使いこなすことで、スムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらチェックしてみてください。
  • 転職活動をやっていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

  • 転職のための活動を行っていて面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。報酬に関する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、かなり慎重に質問してきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そしてさらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 違った会社がいいと転職活動をする大半は、「一刻もは…

  • 今と違った職場の社員になりたいと転職活動をしている場合、「ちょっとでも早く採用通知が手にしたい」と思ってしまうものです。とはいえその気持ちが強くて吉報ほしさのあまり、自分自身の能力を高く偽ったり、あるいはその反対に過小評価につながる言動は出来るだけ避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く見極めていきましょう。
  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接担当から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ず聞かれますが、この時に、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の職場の人づきあいや労働環境についての愚痴とも受け止められる返事は、極力やめておきましょう。というのも、此の様な内容の話は、採用される可能性を水の泡にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することがとても大事で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のように仕事に対して前向きな受け答えが好印象となります。
  • 転職先でこれまでに身に付けた実力を存分に発揮できれば、…

  • 転職した会社でそれまでに身に付けたスキル・キャリア生かせたら、即戦力と見られて割と早く職場にも馴染めるし、人を募集している会社側もそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ合致すれば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。しかも、これまでの仕事と同じような職種なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。でも、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代・景気に関係なく中々の難関を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。
  • 楽しい気持ちを持ちながら再就職ができれば、精神的に重荷を感じることもないので、…

  • 将来に目を向け、楽しく再就職ができれば、メンタル面への負担も軽減されるので、転職活動の間の堕落も避けられます。そのうえメンタルにも健やかであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。そのためには、やはり、休職によるブランクをつくらず転職先を見つけることが大事です。現在の仕事を辞めずに次を見付ける形がもっとも良いです。そのうえ、隙間をなくせば今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。こうすることで、職歴の空白期間をなくせるため、履歴への影響も回避できます。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、スムーズに転職活動を進めていきましょう。
  • 以前は看護婦と言われていた看護師といえば、歴史的背景…

  • 看護婦と呼んでいた看護師は資格として歴史的にも女性の多い職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力のひどく消耗する職場ともいえます。なので、人間関係のいざこざや、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい職業でもあります。実際、そういった問題によって職場を変える人が多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に困っています。というワケで、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 今の自分のスキルを武器に再就職する場合は、比較的、転職しやすい業界と…

  • 自分のスキルや資格を武器に転職活動を考える場合に、比較的、再就職がしやすいジャンルと難しいものとを事前に知っておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、たえず人手不足である医療や介護系の業種がおなじみですね。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、ワケあって、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですので、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。
  • 派遣会社を利用して仕事をする人が近時は増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して働いている人が現在増えてきていますが、派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接時に質問しておいた方が良いです。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い派遣業者では、8割しか労働者に還元しないという場合もあり得ます。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、可能な限りそこを利用するのを止めておくのが賢明です。
  • 一度、現職からの転身を決意したなら、徹底して周りに…

  • 仮に、とらばーゆの決意したなら、まったく会社にはこっそりとその意思を知られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決定していないのなら、なるだけ周りの人間に悟られないよう平常通りに仕事をする方がたいへん正解です。そのスタンスでいけば、最悪の場合希望に知った転職先をすぐに見つからなくても、転職の予定を保留しながら、現職をそのまま継続しても簡単にできます。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。そればかりか会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あの人は転職する人」と受け止められます。そうなってから転職したい思いがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで仕事を続けている限りは、肩身の狭い思いををする強いられるかもしれません。
  • 現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな・・

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、社名が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を一点ずつ堂々と質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。結局は答えられなかったりはぐらかされるはずです。給与と残業、休日に関しては、質問を重ねていくと困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう・・

  • 転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んだうえで再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。この頃は求人情報サイトを駆使すれば、地方の求人でもいつでも閲覧できるようになりました。ただ残念なことに、地方での求人の場合、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのがデメリットといえます。ですから、転職サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもしっかり確認してみてください。そうした機関の転職サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。
  • 仮に転職するにもあらゆることがスムーズに進行すると言い切ることはできません。

  • 再就職を考える場合、全てがうまくゆくという保証はどこにもありません。可能であれば、どのみち転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちになるべく早く考えておくべきでしょう。それには少なくとも20代の若いうちはとても有利ですが、30代後半~40代に達してしまうと転職結果は、相当に厳しいといえます。もしもあなたが、管理職などに就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社にとどまることも結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。ようするに、退職後に転職活動をスタートさせるよりも今の仕事は続けながら注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。