時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経っ・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、好きな時にすぐ退職できるわけではないこ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとにすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職したことで気付かされました。私は結婚後、生活が落ちついたら、早く子育てに取り組みたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど今の継続で仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員よりも年収は少なかったのですが、やはり時間的な融通のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほぼ全員10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣社員であってもすぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。
  • 転職で、「派遣社員」を選択予定の方に注意してもらい・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたい点が何点かあります。なんとなく派遣社員という言葉を聞くと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった仕事をぼんやりと想像した方がいるはずです。私もかつてはそう思っていました。現在の企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当してもらう業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。しかし、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、今は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 女性の再就職に際して、数年前と現在とでは多少の変化が見受けられます。

  • 女性が転職する場合、数年前と今日とでは若干、違いがあります。過去には面接のなかで会社側から、結婚と出産についての考え方について普通に質問されることがほとんどでしたが、今では結婚などについては、セクハラに該当するかもしれないので質問しない企業の方が多くなっています。特に大企業ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。ただし実際、企業側としては、YES・NO、の2択ではなく、その人の人生観結婚後・出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っているはずです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて言い表すことで、相手側にも考えが伝わり、安心してもらえると考えます。ですから、質問されていない内容でも、先にあなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、話をしてみると良いでしょう。
  • 経験したことがない業種などに転業をしようとするときには・・

  • 全くの初挑戦となる業界などに転業したいときには、前の仕事で身に付けたスキルや経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。その分野に勤務したことがない人は未経験の分その業界で今まで働いてきた人たちよりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている能力がその場でも生かせるということを相手に伝えれば、戦える場合もあり得ます。という事で、経験が全然ない業界に挑む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事とのかかわりを見付けましょう。
  • 働いていた会社で意地の悪い上司に困惑してしまい、その結…

  • 就業していた会社で性格が合わない上司に困ってしまい、最後にはやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同じ業種の別の企業に変えました。そこでは人間関係を良好に保つことができとても充実した日々が続きましたが、徐々に会社の売上が悪くなって、ついには経営統合されることになりました。そしてその統合した先の会社がなんと前にいた会社で、おまけに感じの悪かった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。当たり前ですがもう一度転職活動を開始する予定です。
  • 人生初の転職をするにあたって、頭に入れておかなければいけないのは…

  • 人生初の転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけないのはどうして現職を辞めたいかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。そして問題解決ができる企業を決定してみてください。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事を継続しながら就職活動そ行わなくてはならないため、時間と体力を消耗します。ゆえに問題の明確化ができていない状態で転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまうことがあります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動にゴーサインを出すことは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 転職活動において、とても重要視されるのが「面接」です。

  • 再就職では、かなり重要なのが「面接」というものです。普通一般的な面接の場合は当人に対して転職に至った動機や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そして、一通りの質問が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当の人へ疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接官から、「弊社で働くことについて何か疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が答えを用意しておらず、慌ててしまうと思います。後で後悔しないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの問いに対する、答えを考えておくのがベストです。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしま…

  • もし転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が大きく変わるおそれがあります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。加えて、残業時間を増やされることもあるので、軽率に転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。上記のようなトラブルを回避するためにも、今所属している職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、最高の形で会社を辞めることが出来ます。しかも、円満退職に至れば、転職後も、相談ができるチャンスも手に入るはずです。規模や業種に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりが大事なので、会社を辞める時のトラブルは、できるだけ控えましょう。
  • 一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。

  • 多くの場合大企業は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。そればかりか、都会の外だと転職の確率はずっときびしくなります。しかしながら製造業の場合においては、地方の工業団地周辺に運営していることがよくあります。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業分野の拡大にあわせて「途中採用」をしていることがよくあるので、この好機に転職を検討してみるのも有りです。地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての予備知識を事前に得ておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、定期的にチェックしてみてください。
  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合…

  • これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は所属する会社がしっかり雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、働いている会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取れることもあります。ちなみに、「失業手当」の額は、会社の辞めた月の近々の給料をもとに失業手当の金額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が固いなら…

  • 『転職したい!』と思っていて、自身の意志が固いならば退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ここでは曖昧な表現をすると上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずになんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には退職を受け入れられたのは同年11月です。本来なら、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなりなんだか呆れてしまいました。
  • 再就職の際の面接についてですがクールビズでも大丈夫で・・

  • 転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズ可とと事前に連絡が来るケースもありますが、クールビズで伺うのは社会人として常識に欠けるのでは?と考えてしまいます。クールビズの悩みを懐に持っている人々に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接については言われた内容を素直に聞き入れたほうが大丈夫です。色々迷って、すごく汗がでる時期にスーツをしっかりと着用すると面接担当者に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズで良いのです。
  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげれば、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれることもあるので、気をつけましょう。
  • 派遣社員として働く会社が決定しました。

  • 派遣先が決定しました。勤務1日目に派遣会社で営業を担当している方と派遣先の会社に近いコンビニで待ち合わせをしたら、彼がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいないから店内にいるのではないかと考えコンビニエンスストアの中に入ってみると、こともあろうに雑誌売り場の前に座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて願い下げと判断し、そこで声をかけず店の中から出てすぐさま派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。
  • 転職をするに際しては、インターネットでのエージェ…

  • 就職活動において、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもあるでしょうが、もしあなたがその種の業者に登録して新しい仕事をゲットできたとしても、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと失業保険の給付対象にはならないので注意すべきです。一方、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したのなら、就業のための準備費用として一時金が受け取れることになります。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは取ってくれません。これについて理解していないと、失業中にお金が手に入らなくなるので、そうならないように気を付けましょう。
  • 転職活動における最後の難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業が決まっても、現在、所属している会社があなたを慰留することは多々あります。そうなってしまった場合、絶対に退職する、という強い意思を保つことが求められます。仮に会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動には必要です。
  • 看護師の他の仕事に転職に至る原因は、人によって違うはずです。

  • 看護師の違う職に「転職しよう」と思う原因は人によりけりです。ちょっとみると看護師の転職には「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚でライフスタイルの変化によって出産そして子育てそのうえに親の介護など、身近な家庭環境のさまざまな変化によってこれまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の給与体系に不満を感じている」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくりゆっくりと現状を見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。