在職期間中は、可能であれば、気づかれないように、(私の例で…

在職中には、なるべく会社内の人に気づかれないように、…

  • 雇用期間中は、できるだけ同僚に悟られないよう、(ちなみに私のときは)雇用中に転社したいという気持ちだけを早い時期に同僚に仄めかしてみました。とはいうものの、その後に求人誌を散々あれこれ見ていったものの、悲しいことに転職先もタイミングすら計画も立てずに煮詰まっていないままいつの間にか時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就職先を探す流れになりました。
  • 転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 転職を度々しないためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面は強化できます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外は、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職後しばらくは精神面がダメージを受けやすいので今後のために休業期間も必要です。
  • この頃はPCやスマホを使えばわかるけどインターネット上には・・

  • この頃はPCで調べればインターネットの世界では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが無数に存在します。その無数のサイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを見付けるために、最初は情報収集から始めましょう。こういう転職サイトをうまく活用することで、よりスムーズな転職先探しができます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 転職活動をやっていると、面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動で面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これと違って「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば給料に対する不満、人間関係に対する不満など、採用担当者に好印象を与えるものではありません。たぶん、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 今と違った職場に入りたいと転職をする活動をするときの場・・

  • 違った会社につきたいと転職活動中のときの場合は「ちょっとでもはやく内定(採用通知)を手にしたい」と思ってしまうはずです。しかしながら、そういう気持ちで通知を得たいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは逆に過小評価にしかならないマネは出来るだけ避けるべきです。焦る気持ちをガマンして、落ちついて自分に最適の職場を見つけることにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を見極めましょう。
  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職のための面接では注意する点があります。面接担当から「転職理由をお聞かせください」という風に、ほぼ確実に訊かれるはずです。その際、いかなる事情があったにせよ、前の職場の人間関係や労働環境に関しての不満を絡めた内容は、なるべくするべきではないでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用されるチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正義なので、とにかく「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったような未来志向での返答が大切です。
  • 新しい仕事で、過去の実力を発揮できれば、即戦力として高く評価され・・

  • あたらしい職場でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から評価されて、割と早く職場にも馴染めるはずです。また会社側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえ問題なければ、円滑に事が進むでしょう。それに加えてかつての仕事内容と近い業務内容なら転職はとても楽となります。そういっても、即戦力となる基準を満たしていても、大手企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世になっても、かなりの競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職と向き合っていけば、…

  • たのしい気持ちでいながら再就職と向き合っていけば、メンタル面への負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も回避できます。しかも精神的な箇所が健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職によるブランクをつくらず新しい職場を見付けることです。今の会社に勤務しながら、次の勤め先を見つけるのがベストでしょう。ブランクをつくらなければ退職後もすぐに働けます。そうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。つまり、転職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、転職活動を進めてみましょう。
  • その昔は看護婦と言われていた看護師というのは資格とし・・

  • 以前は看護婦という名前だった看護師というのは務めとしてどうしてか女性の割合がとても高い職です。しかも、気力それから体力をひどく消耗が激しい特徴もあります。したがって職場環境での人間関係で行き詰まったり、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事です。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を変える人が多いというのも事実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。常に各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、これが転職の希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。
  • 自分のスキルを有効活用しつつ、再就職を考える場合・・

  • 自分のスキルを活用しながら再就職をしようと考えているのなら、比較的、再就職しやすい業種と比較的、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。再就職がしやすい業界としては、たえず人材が不足している医療や介護系の仕事が代表でしょう。医療・介護の分野では看護師および介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルの高いジャンルといえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、様々な理由により、異業種に再就職する事を考える場合、すぐに決断してしまわないほうが良いです。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。
  • 派遣会社に会員登録して働く人が現在増加しています。

  • 働くのに派遣会社に登録する人が規制緩和の後、増加しています。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、そのうちどれだけが自分に入るのかをなるべく面接の際に確認しておきましょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。半分を超える額を還元しているのであれば、比較的良いのですが、中には開示すらされないところも多く、酷いケースでは、8割しか労働者に還元しないという場合もかなりあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できることなら異なる派遣会社を利用されることを推奨します。
  • 万一あなたが、現職からの転職を決心を固めたなら、徹底して…

  • 例えば、とらばーゆを決意したのであれば、まったく周りの人にはこっそりとその気持ちを伝えずに首尾よく活動を進め、働いている間は徹底して会社内の人に悟られないよういつもと同じように仕事をするのがもっとも正解です。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、万が一希望通りの働き先がうまくいかなくても、転身時期を見合わせながら、今の職をそのまま残っても何も問題ありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社は、その言葉を受けた態度をします。しかも「辞めるつもりです」と言った場合、周りからは「あの人は退職する予定の人」と確定します。そういった状況のあとで、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周囲の人は「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中は、肩身の狭いと感じるでしょう。
  • 現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強化された・・

  • 近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ物足りないといえます。だから、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらを使っていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」みたいなはぐらかされるはずです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問してみると、渋い表情を見せることが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。
  • もしあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」・・

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。最近では転職サイトを駆使すれば、国内全エリアの求人も手軽に知ることができますが、ただ、地方での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですから、転職サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども定期的にチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートの情報も注意してみておきましょう。
  • 転職を考える場合、あらゆることが首尾よくいく確証はありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、万事うまくいくという保証はどこにもありません。もしも転職するのなら、いつか、転職しようと考えているなら年齢が若いうちになるべく早く変えたほうが良いでしょう。平均として見た場合、20代のうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職の場合は、たいへん厳しいものと理解しておくべきです。重要なポジションに就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に居残ることも選択項目の一つには入れておくべきです。ようするに、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、現在の仕事は続けながら慎重に探す方が賢明といえます。
  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分に合う…

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自分に見合った職場を見つけ出したほうが好ましいということです。自分にうってつけの仕事に出会う可能性もあります。が、実際に行動する場合は、即戦力となりうる能力がないと、転職自体がままなりません。逆説的に表現すると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に出会えるチャンスがある、ということです。今の時代は職業選択の自由が社会的に普通に認められていて、仕事場を変えても何の特に面倒なことはないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「即戦力になる人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、今の良い時期を活かしましょう。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須になってきます。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。ほとんどの会社は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が大事といえるでしょう。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入してみましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記しましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分にプラスになるように転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。