失業者が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要です…

失業した人に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、ずっともらえるわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦って就職先を見つけようとしてもロクなことにならない可能性が高いです。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった内容はそこそこ察しがつくでしょう。運が悪ければ、そのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々に展開されています。経済政策共々日銀の金融政策とあいまって、財界や民間企業間においても新時代となる変化が出つつあります。その余波を受け、企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。なお、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、こうした社会的変化によって国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

転職は、最初の第一歩は希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」との…

転職のための活動は企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」との勝負といえます。しっかりと採用してもらうために、初歩として面接が始まるときに冷静に、焦る気持ちににならないように、例を挙げると「お見合いする」と捉えておく向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接官は最も最初に自分の人間性を評価してもらうのでマイナスな印象につながる身なりは気をつけて避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

このように現代の企業の労働背景が激しく変わってきたこ・・

近年の雇用事情の大きな変化に当たって、社会人の中で若い人たちは敏感に感じ取ってそれはたぶん、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。従って、働き手といった人たちの「流動化」が著しくなっているため、輪をかけてこの先、若年層以外の層にも転職の関心が強くなると考えられます。労働力の「流動化」が背景にあることで、勤め先を変えることは自然なことになっていくでしょう。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「会社を辞めて転職」はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、転職が思い通りにいかないことも多くあったのです。けれども、時代の流れとともに今現在の会社のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。

転職活動をするときに特に注意すべき求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く・・

就職するため仕事探しをするときに特に注意すべき求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような募集では、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が少なくありません。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料に残業代を入れておく、といったものになります。(注・合法です)仮に『みなし残業代35時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という意味になります。が、悪質な求人情報では『みなし』という言葉が場合もありますのでしっかり気を付けてください。

転職の面接を受ける時につけていく腕時計のことなのです…

再就職時の面接で使う腕時計のことなのですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹く時計はしていかないほうが悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計と言うのは高そうなデザインだったり、といったことだけではないのです。反対にチープなものの印象を持たれてしまうとか、そのような目立つということで真反対で目を惹くのだと頭に入れておいてください。転職の面接時の腕時計に関してもポジションとしてはスーツやネクタイと同じように、面接にふさわしい適切なものをつけた方が良い印象を与えます。ですが、自分の歳に見合ったものであるということもとても重要で、新卒の頃に買ったものよりはほんのちょっとでも高価なものにした方が良いということははっきりといえます。

これはシフト制の仕事についての話です。

「シフト制」の仕事についてです。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、事前にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私自身、産休で休む人の代わりに正社員として入ったのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと本当によく我慢したなと思います。

やっている転職する活動をしているときに、「私はこれまでずっと…

今励んでいる転職する活動の際に「これまでこういう種類の仕事に尽力しました」「今までにこういったスキルを得られました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをしっかりアピールしようと考える人はとても多いです。ところが、転職先となる再スタートを狙う会社で「将来、こういった仕事をしたい」「私が経験したような内容なら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンを話して自身をアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

転職期間では、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を低下させないようにしておく…

転職期間のあいだは、趣味に時間を費やすほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。仕事が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に没頭してたことによって気付かない間に集中する力が上がります。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員たちと比べると疲れない体になっているということを認識することができます。そんなわけで、自分の好きなことに力を入れることと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。また、同じ会社内で同じ趣味の人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の時間の有効活用となります。

長年接客関係で仕事を続けてきましたが、歳をとるにつれ…

長年にわたって接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれ立ったままのお仕事は体力的にハードで、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを第一目標として活動しました。事務未経験だと少々厳しくて、そこで接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も合格して個人病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係を築くのに手間がかかる。夜間のシフトばかりさせられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅も遅いわけですが、まずキャリアを形成する時だと諦めて頑張ります。

新卒採用で入社しましたが、転職に踏み切りました。

新卒で入社した会社を去り、思い切って転職すると決めました。最初は人生でもっとも転職できるか不安になりました。社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で理解し、いつの間にか悩みは消えていきました。また1度、転職したことでなんだか気持ちが楽になり、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」といったような転職を好ましく思わない意見もありますが、私は転職を決断して良かったです。

「石の上にも三年」という諺もありますが、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今・・

昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、昨今、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職しようと考える場合、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。最初に、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できない点をおよそ10個、探してみてください。そうしておくことで、将来の転職活動に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、尻込みせず、よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。

再就職をする時に面接でほぼ絶対に質問されるのが辞職し・・

転職の面接でおいてほとんどの人が問われるのは会社を辞職した原因のことですが、このような質問になった場合には話の中心を前の職場にしない方が無難です。退職した経緯が話題の中心になってしまうと必然的に良くない面を取り込んだ話の内容になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとどうして前の会社を退職したかという点をこの職場に絶対に入社したいと思っていたからという話の中身にすべきということで、自己アピールもかねて今面接に来ている会社に話の内容を傾けていきましょう。転職理由でも、そのような話ならば、マイナス面を消し積極性を前面に押し出した以前の会社を辞めた事情にすることが可能です。

今から転職することをするのなら、現状の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかを…

これから転職活動を考えているのなら、直近の職場での納得いかない部分、不満に思う部分を明確にしておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らないことが大きいから転職したいと考えているのは分かります。でも「しっかりといまの仕事の客観的に考えた不満点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが可能です。

クールビズの服装で転職の面接会場に行こうとする際には、…

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に臨む場合、さすがにジャケットまでは着て行かなくても安心であると間違いなく分かります。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイなしでもOKだと認めている企業もある場合もなくはないです。ですが、ネクタイだけはクールビズであろうとするべきだと思っている会社がいくつか存在します。という事で、例えクールビズが良いと言われていたとしてもネクタイだけは着用して面接した方がベストだということは分かっておいてほしいです。

安定的な人生を求めるべく正規社員を目指している人は結構多いと思います。

安定した生活を欲しがり正規の雇用社員として働きたいと思っている人は少なくない、というのが現状です。けど、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員としての転職が実現しないこともあります。派遣社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人以外はスルーしてもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万が一あなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正規雇用者の求人募集もチェックしてみましょう。企業のなかには、会社に貢献することができれば、数年で正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですから面接の最後に「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングしても人生設計が立ちやすいはずです。

転職をしようとする場合、準備しないといけない履歴書に関しては、…

転職をする場合絶対に必要となってくる履歴書などに関してですが、大体、パソコンを用いて作るのが主流です。今現在の日本社会では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなくペンを使って書くのが一般常識だと思われることもありますが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職の際は履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとまでは言うことはできません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を良しとする時もあるようですが、違う企業がどんどん増加していていますので、パソコンで作成した履歴書でも大丈夫な会社は多いのです。