派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のせい・・

派遣で会社で働いています。労働契約法が原因でずっと働いてい…

派遣で働いています。労働契約法のおかげで不本意ですが長く働いた派遣先の会社での仕事があと数週間で終わります。派遣仲間の中には、派遣先の会社から正社員のポストをつかみ取った方もいるのですが正直仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのあしらいがうまい方で引き立てがあった気配。仕事を行う能力よりも上司のおじさん転がしスキルが必要なのかなーと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の会社でいつも愚痴っています。

転職における採用面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。

転職のための採用面接を受けに出向いたときのことです。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで外部のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散をして、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内でも面接担当者と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになって、おかけで緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったからなのか幸運にも採用を掴むことができました。

かつては求人情報には、募集条件の中に「性別」が、書かれているのが普通でした。

今までの求人誌では、必要とする人材の「性別」までもれなく記載されていました。しかしながら、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、採用において、男女の差別がしてはならないとして、応募条件の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。それでも、募集を出す企業側としては、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って実際は男性を希望の会社に女性の応募が殺到したり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。たとえば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておくトラブルを回避できます。

転職をする場合、はじめに、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで…

転職活動を始める場合、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして転職したい会社を調査するでしょう。しかし、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような社長の方針や社員の感想については、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃない!」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんな難癖をつけて退社できないようにしようとします。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしたため…

とある古物商にて、書類選考をクリアしたため、相手方から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに行ってみると、どうしたものか相手が面接準備を全くしていませんでした。責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のまま淡々と面接は終わりました。が、予定日になっても結果連絡が一切来ず、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方がないのでふたたび、問い合わせると、なんと、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまったのです。私は呆れ果ててしまいましたが、正直なところ、採用されなくて良かったと感じています。

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載量も多くなるため…

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載され案件の量も多くなるので、興味のある2~3社を、転職サイトに登録し、勤務地などにチェックマークをいれておき、次に条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。でも、最初は登録するのにけっこう手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、時間がやや掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後の応募を考えれば、最初にきちんと準備することをお勧めします。

私は20代までに転職2回で、そして今、資格を手に入れたいので…

20代前半に転職を2度経験して、現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」で勤務しています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても毎月の収入は以前よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生の頃に資格を取り、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際、そのような人を見ると私もああなりたかったと思ってしまいます。これまでの私は、成功している人と自分とのギャップに劣等感を感じる日もありました。結婚し、がらりと生活自体が大きく変わり、明確な目標ができて充実した日々を過ごせています。

転職先を決めるとき、むろん仕事におけるやりがいアップと…

転職を行うにあたって、むろん仕事におけるやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも大切なポイントですから「年収サイト」に登録をして事前に研究をしています。全く同じ会社でしかも全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅があることも数多くあり、正直なところ面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人について誰かそこそこは予測がついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得で儲けた・・

今の時代は株・不動産投資の不労所得で稼いだり、自営業、起業等、そういった世の中の変化に伴い、「会社員以外の道はキケンだ」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、どうなるかわからない個人事業よりも組織の一員のほうが大いに安定性にすぐれており、人のあるべき形として、一般の人々に認知されていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」という名が言われています。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

「転職エージェント」は、一度登録したら、呆れるくらい電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用した人は非常にびっくりする場合が少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事なため、大変積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬が入る仕組みであることから、転職希望者の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。さらに、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出た瞬間に、入社を強くすすめてくることが少なくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職に妥協しないように要注意です。

転職を考えている時に閲覧することになる募集事項について・・

転職を考えている際に注意を向ける仕事の情報というのは、だいたいのもので載っている、ということもあります。なので、記載されている情報は正確な情報だとは思い込まない方が最善だと思います。特に給与の額などにおいては、平均の金額なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?というような判断ができない場合が多く、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、後悔するかもしれません。それゆえ、嫌な思いをすることになる前に、求人情報はうのみにせずに、そういったたいへん肝心な内容は直に確認するのが好ましいでしょう。

大好きなことを仕事にしたいと思っている人は要注意です。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、食べることが好きでそれが高じて、かつては、飲食の世界(レストラン)で働いていた期間があります。そのお店での業務は、そのお店で私が担当していた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが理由で、退職する羽目になったのですが、そのせいで、あんなに好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物も苦手になり、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事を始めた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは本当にステキだと思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに自分と向き合う必要があります。

仕事の面接で必要なビジネススーツの色合いに関しては、…

仕事の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の方が就活の際にに準じた色合いが良いとされています。言い換えるならば、紺や黒の暗めの色味、ということになります。それは転職のケースであっても、スーツのカラーというのはこういう暗めの落ち着いた色が多数で、そうでないカラーを着ている転職者は少ないです。強いて言えば、たまにグレーを着ている方がわずかにいるほどです。全体から見ても紺や黒のスーツ派がほとんどを占めているのです。ですから、面接を行う人事部から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が普通に見えてしまいますから、第一印象という点ではおすすめということになります。

仕事のなかで回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、…

仕事によって心的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に家族などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くのは当事者であるあなたのためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、どんなに高給をとっていても精神がダメージを負うほど仕事をすることは良いはずがありません。現代は、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も段々と増えていっています。ですから、身内や、あなた自らの心と体をいたわりましょう。

転職を行うにあたり、今働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが…

転職を行うにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、仮にあなたの側から退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険をすぐさま受け取れません。手続して失業したことが認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。なので、会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの担当スタッフと口論していたのを以前見たことがあります。ですが、社員側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付されます。

転職時は、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思います…

転職するときには、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトはとても有益です。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社した元社員の復讐でその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の視点から見ると、口コミの内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。ですが、真実はクロで「真実が知られてしまっては困るから、早く火消ししなくては!」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルが発生する覚悟をしなければいけないと見て良いでしょう。そもそも、いい会社には煙など立ちません。

今現在の自身の勤め先・仕事内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の自らの勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満があるはずです。「自身の資格やスキルを真摯に評価してくれない」よって、「年収アップも、出世する可能性も見いだせない」と言う不服を漏らす人もいます。気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自らの持っている実力を過剰評価してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と仕事をしないブランク期間が長引くので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性があります。なので転職活動で良い成果をあげるためにも、自分の能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。