女性が再就職する際、数年前と近年とでは多少の変化が見受けられます。

女性が再就職するに当たり、セクハラが社会問題となっている現代・・

女性が転職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは少し変化があるといいます。過去には面接の場で、結婚観や結婚後の仕事に関して、自然に質問していました。でも、現代では、結婚や出産などについては、セクハラに該当するかもしれないので聞くのを避ける企業が増えています。とりわけ大企業ほど、全面的に避ける傾向にあります。とはいえ、面接する側としては、〇か×かの2択ではなく、その人の人生観、結婚した後も働きたいのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいと思っています。自分の考えを理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRとともに伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると考えます。たとえ、質問されていない部分も、あなたから積極的に話していくことを考えてみてください。

未経験の分野などに転身する際には、自分の前の仕事で養われた腕前…

全くの初挑戦の業種などに転身したいと思っている場合には、自分の前の仕事で身に付けた力や今まで経験したことを発揮できるという内容の自己アピールが必要です。未経験の人は経験のない分その業界で勤務したことがある方よりも損にはなりますが、自らが保持している能力がそこで生きるということを伝えることができれば、勝負になる場合もあります。そういった訳で、経験したことがない分野にチャレンジする場合は、その業界と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを可能な限り発見しましょう。

新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に悩みを持ち…

勤務していた会社でつらく当たる上司に嫌な気分にさせられ、ついにやる気がなくなってその会社を退職し、同業他社に移りました。転職先の会社では気分よく勤務することができ非常に充実した毎日でしたが、徐々に会社が収益を上げられなくなり、とうとうとある会社に経営統合されることになりました。そして経営統合したのはなんと以前勤務していた会社で、大嫌いだった上司が再び私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動を始める予定です。

最初に転職を行う際、注意しなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについ…

人生で初めて転職をするのであれば、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきです。その上で問題を解消できるであろう企業を選択するのです。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら就職活動をするので、時間と体力が必要不可欠です。それがために理由がはっきりしないまま転職活動を行えば、途中で挫折してしまう危険があります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることはしないほうが良いでしょう。

転職をする場合、比較的重視されるのが「面接」です。

再就職をする場合、重要なのがまぎれもなく「面接」である。普通、面接では面接官が応募者に対し、転職理由や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接終了の直前に今度は、転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。担当者から、「なにか弊社で働くことについて、聞いておきたいことはありませんか?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が気持ちの準備ができず、慌ててしまうかもしれません。そうならないためにも、前もって面接官からの質問を想定し、聞きたいことを用意しておきましょう。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

もしも転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると職場の状況が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。また、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽率に転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。そのような状態を回避するため、いまの職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態を最後まで保ちつつ、気持ちよく仕事を辞めることが出来ます。また、何の問題もなく円満退職となったなら、辞めた会社に何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どのような企業であっても、人との縁はとても重要なので、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

大半は大企業は定期採用中心です。ですから、転職希望者には不向きです。

たいてい大企業は定期採用中心です。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。そのうえ、地方ではその機会はずっと低くなるでしょう。けれども「製造業」系であれば、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を持っていることも少なくありません。また、そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大と並行して途中採用することも珍しいことではありません。このタイミングを捉えるのです。そのためには、地方の工場に転職したい場合、転職を希望する会社についての下調べからあらかじめ知っておきましょう。ホームページを覗いて、求人予定の有無など、しっかりとチェックされることをお勧めします。

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、…

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。勤めている所属する会社がもし「雇用保険」を支払っているのなら、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このとき、「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準に支給する額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば必ず言いくるめられます。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常になんだかガッカリしました。

再就職の面接において会社側からクールビズでも大丈夫で・・

転職の時にする面接では企業側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズの格好は良くない印象を与えるのではないか?と思ってしまいます。そのような考えを懐に抱え込んでしまっている人に関しては、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接なら、書かれている内容をそのまま実行したほうが不安要素がないです。考えすぎてしまい、猛暑の中びしっとスーツを着込んでいくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は後からバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収は正直に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追いやられる事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

派遣でのお仕事が決まりました。

派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の最初の日に営業担当の人と勤務先の近くのコンビニで合流する約束だったのですが、営業担当者がなぜかコンビニの前にいないから店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンストアの中に入ったところ、営業担当者は大胆にも雑誌コーナーで座り込んでいかがわしいグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当者の仕事なんて我慢できないことだと感じて、声もかけずに店内から出て速攻派遣会社に辞退の連絡を入れました。

職を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

求職活動をするとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用することもあるでしょうが、もしあなたがそういった業者に登録し転職に成功した場合でも、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。ハローワークを通さずに就職しても失業保険とは無関係なので注意する必要があります。他方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたときは、就業の準備金として一時金が支払われます。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは無関係です。押さえていなければ、失業中にお金がもらえないことになるので気をつけておきましょう。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、今勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う上での最後に残る難関として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社を見つけても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのもよくあるケースです。もしそうなってしまったら、絶対に退職する、という強い意思を維持することが大切でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。それから、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とハッキリと伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動には必要です。

看護師でありながら他の職業に転職の原因はその人それぞれです。

看護師という職業の人のそれと違う仕事に転職に至る原因は、人によって違うはずです。ちょっとみると転職するには「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産加えて子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の変化など、今までと同じような働けなくなってしまった」「今の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」といったような悩みが抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と思うに至った理由をリラックスしながらそして客観的に見つめ直すことも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考し、決断してみましょう。

ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、入ってすぐ・・

3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに辞めてしまう人というのもけっこう多かったりします。たぶんリフレッシュな気持ちで素晴らしい会社で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた仕事とけっこうギャップがあって幻滅した」「職場が受け入れられなかった」と考えてしまって退職してしまうことが多いようです。可能ならばこういった転職における失敗をしないためには、やはり、情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、など調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、普通の職場で・・

求人関連の情報では、普通の会社では月の収入の記載に目が行きますよね。しかしこの月収の項目については、深く確認する事が欠かせないです。値だけで納得しないほうが無難です。何故かというと会社によっては、月収の内訳に「毎月15時間の残業」を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また基本給プラス歩合給で、歩合をかなり盛って月収を多く見せているケースもあるんです。だから、こうして「不誠実」極まりない案件は、注意が必要と言えるかも知れませんね。