退職・転職の囲み記事集

新卒で採用された会社で性格のきつい上司に嫌な目に合わさ・・

初めて働いた会社で怒りっぽい上司に嫌な気分にさせられ、とうとう我慢の限界を超えてその会社を辞め、他の同業の会社に働き先を変えました。転職先の会社では気分よく働くことができて非常に満足した毎日でしたが、ちょっとずつ会社が収益を上げられなくなり、とうとう経営統合されることになりました。
退職・転職の囲み記事集

「就職エージェント」大手には、多種多様な案件を抱えて・・

大規模な転職エージェントほど、多種多様な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいます。だからあなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフのほうで無理だと判断すると応募してくれないこともザラですし、企業から見てあなたより高く評価される人がいると、そのライバルを優先することもあります。
退職・転職の囲み記事集

前の求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、記載されているのがほとんどでした。

一昔前の求人情報では、募集条件の中に「性別」が、書かれているのが普通でした。しかしながら今現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールとなり、募集要項に「性別」が記載されなくなりました。しかし求人する側には実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。
退職・転職の囲み記事集

転職のための活動は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」との…

転職活動は、希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが大事です。面接で良い印象を与えるために、ゼッタイに肩の力を抜いて平常心で対応しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接によって最も最初に自分の人間性を判断されるので悪い印象を与える言動は注意しやめましょう。
退職・転職の囲み記事集

最近ネットのエリアには、要するに転職に関連するサイ…

世の中は変化していてパソコンやスマホで調べればインターネットの世界では、要するに「転職のためのサイト」に類するものがかなりの数点在しています。その多くのサイトから自分の目的に合った転職先というのを見付けるために、なんといっても情報収集です。サイトを上手く使うことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。
退職・転職の囲み記事集

転職のための活動をしているときは、最初に何よりもあなた・・

転職をするための活動をしている最中は、最初に何よりも自身の内心が静かであるということを重要視しましょう。働きながら転職をする活動では、たいしてそうでもありませんが、退職後に行う場合だったら、心のうちが焦りが出てしまいます。であるので、冷静に活動するように意識しましょう。
退職・転職の囲み記事集

女性が再就職する際、数年前と近年とでは多少の変化が見受けられます。

女性の再就職については、セクハラが社会問題となっている現代では若干の変化があるといいます。一昔前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産後の考え方などに関して、ごく一般的なこととして女性に質問していたのですが、現在の流れとしては、そういったデリケートな内容はセクハラとして質問を避ける企業が増えています。
退職・転職の囲み記事集

転身を近いうちにするつもりなら、まめに色々な企業の情…

転業を視野に入れているならまめに多様な企業の採用情報を調べておくと転業先を選択しやすくなるでしょう。あなたが今現在の仕事を不服だと思っているなら、いざ転職活動をする時にどこの会社も魅力的に思えてしまいます。そうなったら、どこを選択すべきか判断できなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。
退職・転職の囲み記事集

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のせい・・

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関係で長期間勤務していた勤め先での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣である人の中には、派遣で勤務している会社で正規社員の条件を得た方もいるのですが採用された理由としてははっきり言って仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらい方が上手でそのおかげで採用されたように思えます。
退職・転職の囲み記事集

失業者が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りながら転職活動を開始してもロクなところが見つからない可能性が高い。
退職・転職の囲み記事集

在職期間中は、可能であれば、気づかれないように、(私の例で…

就労であるのなら、できたら、周囲が気づかないように、(私の例ですが)雇用期間中に「転業するかも」という考えだけを早い時期に同僚に言ってみたことがありました。とはいうものの、その顎、求人情報を散々見たものの、転職先も転職時期さえも何も進めていたので、いつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の会社のほうは、退職に関わる諸々の手続き、私の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。
退職・転職の囲み記事集

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が結構多かったりします。それは新たな仕事を見つけたというのに、「考えていたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職してしまうことが多いようです。
退職・転職の囲み記事集

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経っ・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職したことで感じました。私は新婚し、生活が落ちついたあと早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい現在の部署で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。
退職・転職の囲み記事集

転職活動をするにあたっては、様々な手段で情報を収集することが多いと思います…

転職を行うにあたっては、様々な方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、裏を返せば、書き込みの内容が真実でなければ、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
退職・転職の囲み記事集

安定した暮らしを手に入れるべく正規社員として働くことを念頭に置いている人・・

安定した生活基盤を手にするべく「正社員」として働くことを意識している人が少なくないでしょう。けれども、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員としての転身が叶わないこともあるでしょう。非正社員の求人募集はたくさんあるのに正規雇用の求人募集に執着し、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。
退職・転職の囲み記事集

転職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適す…

転職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に適する職業を探したいものです。職種を変えることで、自分の天職に有りつけるかもしれません。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、相応の努力が必要です。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、「天職」に近い転職に巡り会える、というだけの話です。
退職・転職の囲み記事集

昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当の方が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明した話の50%もわかってはいない様子です。さらに悪いことに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが大事でしょう」とか、何もかもわかっているかのように偉そうにのたまうのでとてもイラつきました。
退職・転職の囲み記事集

転職活動をする際の最後の問題として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、現在の仕事を辞めることがあります。転職がうまくいっても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして慰留しに掛かるかもしれません。もしそうなってしまったら、どうあっても退職する、という強い意思を維持することが大切でしょう。
退職・転職の囲み記事集

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人が…

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、きちんともらい続けるためには、就職活動をしなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月ごとに職員に就職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。
退職・転職の囲み記事集

会社が原因で回復が難しいほど心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況となったな・・

仕事のなかで精神的に自分が苦しくなって転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、相談するのは職場の人にするよりも身内などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、仕事をするということは当事者である自分です。が、しかし家族の問題ともいえます。
退職・転職の囲み記事集

今から転職活動しようと思うのなら、今現在の職場・業…

そのうちでも転職を考えているのなら、現在の職場や仕事の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて現在の仕事・業務の客観的に考えた問題なことを明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。
退職・転職の囲み記事集

あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」におい・・

あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と思っている方も少なくありません。昔と違って求人情報サイトをうまく活用すれば、国内全エリアの求人もいつでもアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人の場合、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが痛いところでもあります。
退職・転職の囲み記事集

こうした話は友達からの話です。

このような話は兄の話です。新卒時にどうしても就職したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、その先泣く泣く他の会社につきました。そのあと3年経ったぐらいに派遣の求人のサイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、我慢することができず当時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣の勤務を開始、死に物狂いで頑張ってその結果希望通りA社で正社員になり、現在においては仕事のやりがいを持ちながら楽しく勤務しています。
退職・転職の囲み記事集

派遣での仕事が決まりました。仕事の1日目に派遣会社の営業担当の人・・

派遣社員として働く会社が決まりました。仕事の最初の日に営業を担当している方と派遣先に近いコンビニで落ち合うことになっていたところ、なぜか約束の店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思ってお店の中に入ってみると、なんと雑誌の所に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているところを発見しました。
退職・転職の囲み記事集

今まで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。

今までは、職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、どうしても都心部にある会社の求人情報が多いからです。そのために、転職活動をする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。掲載されている企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着という点ではピンポイントで見えるのはありがたいです。
退職・転職の囲み記事集

自分の好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。

自分の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなるのですが、私の場合、食べることが本当に好きで過去には、飲食の世界(レストラン)で働いてもいました。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務です。
退職・転職の囲み記事集

古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが・・

昔から”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。現在、「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が当たり前になったからといっても、甘い考え方は禁物です。再就職したいなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。
退職・転職の囲み記事集

万一あなたが、現職からの転職を決定したなら、徹底し…

もしも、現職からの転業の思い立ったのなら、まったく周りの人間にはこっそりとそれを悟られないように、うまく転職活動していき、現職中はできれば会社内の人に悟られないよう普段どおりに仕事をする方がもっとも合理的です。現職中、この状態を維持していれば、もしも転職先探しがすんなり見つからなくても、転職を遅らせながら、今の職をそれまで通りに続けても簡単にできます。
退職・転職の囲み記事集

知人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。

知っている人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、転職先の労働環境、その他の労働条件といった点に関して紹介者からの口コミだけを過剰に信用するのは後々問題です。どうしてもある特定の人の口コミというのは主観が入ってしまうからです。要するに友人・知人にとっては、今よりずっとベターな職場環境に思えても、、自身の主観で見た場合、まったくそう思えない場合だってあるのです。
退職・転職の囲み記事集

転職の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが・・

転職の時にする面接では会社側からクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで面接を受けるのは良くない印象になるのでは?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを心に抱いている方に伝えたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接においては伝達事項をそのまま守った方が間違いないです。
退職・転職の囲み記事集

最近はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。「特許」を出した人などは、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかのインパクトがあった人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。
退職・転職の囲み記事集

転職サイトでは、登録後、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

転職サイトに一旦登録すると、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。これに対して何も知らずに利用しはじめた人は結構ビックリするかもしれません。転職エージェントは転職させることが仕事なため、大変積極的な姿勢を見せます。中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬が支払われるシステムといえるので、転職希望者の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。
退職・転職の囲み記事集

長く接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとると共に立ったままで行なわなければいけない仕・・

長きにわたって接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち仕事は体力的にきつく、事務系のお仕事への転職を第一目標として動き始めました。事務未経験だとわりと厳しく、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格して個人のクリニックに転職しました。
退職・転職の囲み記事集

自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動する場合は…

今の自分のスキルを有効活用しつつ、転職活動を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を前もって理解しておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」の分野がとても有名ですね。
退職・転職の囲み記事集

もしあなたが転職したいと考えているなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。

転職を考えているのなら、事前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがベストです。転職に有利に働くので新しい仕事を探すのも容易になります。ですから、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。
退職・転職の囲み記事集

転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。現在の会社側が「雇用保険」を支払っているのなら、誰しも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、状況によっては企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。
退職・転職の囲み記事集

転職しようと考えたとき、そこでの給料について気にしすぎる…

転職について考えた場合、転職先での給与を気にしすぎる人が意外と多くの方のようです。もちろん多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費をもらうために仕事するのはずです。だから自分の評価という見方もできるから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、しかしながら、必要以上に年収というものにとらわれすぎてしまうのも悲しい気がします。
退職・転職の囲み記事集

転職先を決めるにあたって、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけ・・

転職先を決めるのに、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大事だけど手取りのアップも大切なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録をしていろいろと調べています。一緒の会社でその上同じ職種、社歴なのに人によって無視できないほどの違いがあることも数多くあり、正直に言うと面接で質問をしたことがあります。
退職・転職の囲み記事集

今励んでいる転職する活動中に、「自分は今までにこのよ…

転職する活動中に、「今まで、こういった職場の仕事をがんばってきました」「過去の仕事によって、手にした技術は、、、です」とそれまでの自身の経歴を強調する人はよく見かけます。が、志願し再スタートを狙う会社で「機会があればこういった仕事をしたい」「私が言ったような内容の業務ならぜひ貢献できると思う」と将来のプランを話してアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。
退職・転職の囲み記事集

将来に目を向け、期待をもって転職と向き合えれば、精神的に…

将来に目を向け、楽しく再就職をすることができれば、メンタルへの負担を抑えられるので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。それに精神的な部分が健全な状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。もっとも良いのは、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることが大事です。
退職・転職の囲み記事集

私たちの労働環境は、将来的にぐんぐんと単純作業は機械に交代させられて…

私たちの社会的環境において、将来的により一層単純作業は機械化に置き換わってそして、必要な労働人口は少なからず減少させられてしまいます。そのワケは、シンプルな仕事という観点では人よりも機械で作業するほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数量を計測したり、同一の作業をリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。
退職・転職の囲み記事集

もし再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業時間を増やされるキケンもあるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのは考えものです。
退職・転職の囲み記事集

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。ですが、働きつつ求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受けるのは精神面も肉体面もハードです。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると厄介な事態となるかもしれません。
退職・転職の囲み記事集

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど多数の案件が掲載されているた…

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される求人情報が豊富なため、関心のある2~3社を、サイト登録しておき、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、加えて条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。
退職・転職の囲み記事集

転職をする際の面接を受けるときにする腕時計は、目立つようなタイプの…

再就職の面接で着用する腕時計については、どう見ても目を惹くものは着用は避けたほうが良いと言えます。この場合の目立つという意味は明らかに高価なものだったり、というだけではありません。それとは逆にチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう真反対なことで目を惹く、と覚えておきましょう。
退職・転職の囲み記事集

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。「転職理由は」といった形で、100%の確率で聞かれます。このとき、どんな事情があっても、以前の職場の働く環境や人づきあいに関しての不満を絡めた返事は、可能な限り話さないほうがいいでしょう。仮にそういった不満を回答すると、心象を悪くしてしまい、チャンスを逃してしまうことになります。
退職・転職の囲み記事集

昔はずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自分が勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質が本当に様々あってほぼ満足できない感じる方ばっかりでした。こちら側は人生がかかっているのにもっと気持ちを込めて向かい合ってほしいという願いが高まってしまいました。
退職・転職の囲み記事集

最初に転職を行うにあたって、気を付けなければいけないの・・

生まれてはじめて転職をするのであれば、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかについて明確化しておく必要があります。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきです。問題を改善できる企業を選択していきましょう。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは違い、今の仕事をこなしつつ就職活動を行っていく必要があるため、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。
退職・転職の囲み記事集

再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を差し出された場合…

転職の面接などの場面で名刺を渡してきた時、こちらとしても名刺を相手側に渡した方が良いのかどうかと悩んだら、大方は渡す必要のないもの、と知っておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、就職活動の一部です。ですから大体の場合は名刺を交換する時とは違います。
退職・転職の囲み記事集

転職活動を始めるとき、はじめに、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして…

転職をする場合、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たりして興味のある会社を調査するでしょう。しかしながら、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。